読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

対訳

World Leader by SLIPKNOT (1989)

恐怖に侵された男 彼に語りかける声が「虐げよ」と命じる 心は語られる数々の嘘に支配され理由を問うこともない 呪文に封じられた地獄の産物 彼は悪魔のゲームに興じる 戦争が宣言された 名づけられることもない彼の欲求を満たす 世界のリーダー 世界のリー…

Fly by THE JELLYS (2000)

Johnson夫人は寒い霧のなか毎朝決まって6時に 犬を散歩させてる 僕はといえば 寝室の窓辺に座って 雨が排水溝に流れてくのを眺めてる まるで昨日と同じさ でも もう大丈夫 暖かいラジエータもあるし光のパケットもあるんだし いつかまた戦うよ 僕を通り過ぎ…

Just Say No by NO FOR AN ANSWER (1988)

なんでオレが加わんなきゃいけねえんだ 互いを貶め合うような集団に 集団行動 救世主たる集団 実態はピエロだらけのサーカスだ こいつらは誰なんだ なんでここにいるんだ 何を欲しているんだ 支配階級 恐怖による支配 オレは絶対そんなもんにはならねえ! 今…

Enslavement Redefined by HIS HERO IS GONE (1999)

お前の首にかけられた手の存在を感じろ かつてはそこになかったものだ 手錠も鎖もないというのに抜け出せなくなってしまう 人を奴隷扱いする日用品にまみれて 服従としか言いようのない呼吸 繁殖 流血 を続けることから モノリスの意志のままに生き長らえる…

Lead Song by NEGATIVE APPROACH (1981)

いつもいつも夜明け前の真っ暗闇みたいだ でも オレ達は絶対に勝ち取るつもりさ 欲しいもの 言いたいことの全てを オレ達の前に立ちはだかるものはない 物事を正しいほうへ導くためなら オレ達は絶対に諦めない オレ達の行く手を阻むなら アンタこそオレ達の…

Agent Orange by SODOM (1989)

ランチ・ハンド作戦 死を撒き散らす 彼らの農作物のうえに 人々に対する脅威 軍事による圧迫 お前だけが森林の妨げとなり 戦争を合法化し ヤツらは権力をつけるんだ 法なき絶滅 エージェント・オレンジ 燃え盛ることのない炎 全ての標的はとっくに消された …

The Decline by NOFX (1999)

あの愚かな連中は何処から来たんだろう で、どうやってあんなバカになったんだ 特産階級の山岳地帯で生まれ 琥珀色に輝く大量のトウモロコシで育ち 自分達より劣る人間には何の感情も示さないようなヤツらさ 人間性のせいにしてみる 人間の定めのせいに 強欲…

Locked In by CROSSED OUT

闇雲に現状を支持して 物事のあり方に決して疑念を持たず 思考停止のカラッポ空間に閉じ込められた バカやって人生の時間を無駄にしてるのさ 奴隷だらけの社会 生命を持たないクローンだらけ 世の中そんなふうになっちまうのか?

Sick Charade by DEATHREAT (1998)

時は刻々と流れ 人生はあてもなくなる ボスのジェスチャーゲームの操り人形にされるだけ ボスのジェスチャーゲームの操り人形にされるだけだ 名前は番号になる 食うしか能のないブタ野郎の利益のために汗水流すとき オレ達の命を簡素化するため 機械の歯車の…

A Prayer For The Complete & Utter Eradication Of All Generic Pop Punk by SPAZZ (1999)

消え失せろ この偽者バンドどもめ 何なんだ そのクソみてえーなハーモニーは 最低最悪のメロコアミュージックはお前らが生み出した疫病だ 消えて無くなっちまえ そのウォレットチェーンがメルトダウン起こしてお前らは町から追放だ スカだのスウィングだの …

Data-Void by TALK IS POISON

地球上の石油がなくなり 機械が動かなくなったらどうするんだ??? コンピューターがぶっ壊れて 憐れな都市が燃えたらどうするんだ??? 水が枯れ果て 自分達の小便を飲まなきゃならないときがきたら 食料が尽きて 需要を満たせないときがきたら この世の…

Where's The Unity? by INFEST

お前は口先だけのヤツ 決して行動は起こさない 偽善者 それが事実だろ ポジティヴ・シーンは必要だ でも友情のないシーンは信用出来ない UNITYっていう考え方は一見ナイスなようにも思えるが ケンカを目の当たりにした日にゃあ考え直さざるを得ない こう言う…

We Are The Dead by DAVID BOWIE (1974)

今日、何かが僕の心をかすめた 君を見ていて、そして思ったんだ 君も僕と同じように物事を見ていたら、と ヤツらは僕らを捕え、そして責めるだろう そのことが今日わかってしまったんだ 僕らはいつでも苦しんでいる なぜ「自分達は心を入れ変えた」とただ答…