死なないからだ

もう2年になる。生きる価値を失って。

鉄アレイの歌詞にある。
「人間は手前が思うほど強くもなけりゃ弱くもねえ」
ホントそのとおりだと最近つとに思う。
ウサギは孤独な状態に陥ると死んでしまうらしい。だが、人間は死なない動物だ。オレも弱くなかったみたいだ。この2年のあいだにもどんどん失っていった。生きがいも人間らしさも友人も。でも、生きてるんだ。気が狂うこともなく。終わるまで続くんだ、この人生。生きていたくはなくても。

通じ合える人間がいない。人間社会にいたくはない。なぜ生まれてしまったか。それだけが解決することなく心に残るだろう。