どこまでもどこまでも寂しく情けなく虚しく辛く悲しく恥ずかしく苦しく

情けなさがすごい。ヤヴァイ。
もうすでに何度人生を踏み外してきたのだろう。