現実逃避3weeks 2週目 @ 新宿D.O.M.

18時半開演。のはずだったので18時半ちょい過ぎぐらいに行ったら、「サウンドチェック押してるんでオープン19時になります」だって。またかよ。前にここで屍観たときも言われたぜ。仕方なくNATに行って時間つぶし。またお店のレイアウト変わったね、あそこ。んで、19時過ぎに入場。まあまあの客入りかな。1バンド目、何かなーと思って待ってたら、新井さんがベースを持ってステージに上がっていく。え?なに、屍1バンド目なの?続いて山口さん、板倉さんもステージへ。ステージが暗転してステージが始まる。とゆーわけで1バンド目屍です。マジかよー。なんで。まあ、いいか。いきなりお目当てのバンド観れたんだから。1曲目は名曲「人のために生きるか自分のために生きるか」。1曲目に持ってくるなんて珍しいかも。が、客が誰も暴れてない。わっかんねえなあー。屍のライヴは。確かに2年前、2ndアルバム「屍」を出したときに屍のライヴは人気なくなった。ってゆーか、客が暴れなくなった。それは事実だ。と同時にわからない話でもない。音楽性の変化に伴って純粋にFAST COREな部分ってのは減ったわけで暴れやすさも減ったのだろう。でも、半年前ここで復活ライヴやったときの盛り上がりぶりはかなりのものだったし、こないだのスラスラ企画のときだって盛り上がってたぞ。だのに、ここにきて自主企画で、これだよ。ほんとわかんねえ。まあ、いいか。他人がどう振る舞おうとオレには関係ないもんな。ってわけで、独りで盛り上がりまくるオレ。ヘドバンと絶叫の嵐。「息絶える命のなか 苦しみながらーーー」名曲だねえ、ほんと。と、1曲終わったとこでトラブル。ギターアンプ音出なくなったらしい。10分ぐらい中断。結局アンプを取り替えてステージ再開。2曲目に「自滅」。おおー、うれしー。お前ら、これ聴いても無反応かよ。「じめーつじめーつじめーつじめーーーつ」燃えるねえ。セット的にはまあいつもよか若干長め?ってぐらいのサイズだった。でも、痛かったのは2ndのアタマ3曲をひとつも演らなかったこと。やっぱオレ的には2ndのハイライトはアタマ3曲なんだよなあ。「弱い者はー 消されていくーーー」ってね。まあ、屍の演奏はほんと素晴らしいです。
2バンド目、324。山本さんドレッドになってた。びっくり。まあ、サラサラヘア(死語?)よりは似合ってると思った。しかも、なんかスリムにならはったかも。演奏は相変わらず凄すぎ。ヘドバンし過ぎで首が死ぬぜ。
3バンド目、NO THINK。「Thinking Animals」演ってくんなかったーーー。超ショック。

観たいバンド全部観ちゃったから、ここで出てきた。