COMMON @ LIQUIDROOM

移転後のLIQUIDROOMには初めて行った。まあ、とりあえず、魔の階段がなくなって良かったんじゃないかな。めでたし。


定刻にステージ暗転。COMMON登場か!と思ったら前座だった。女性シンガー。JAMOSAという人らしい。まあ、良かった。んで、19時30分。COMMON登場。まあ、予想どおりってカンジでBe Introで幕開け。COMMONのラップが炸裂した瞬間のワーキャー感はなかなかのもんだったね。んで、盛り上がりキープのままGo!へ。オレは後ろのほうで観てたけど、前のほうかなり盛り上がってたみたい。すごい楽しかった。それで気になる布陣は、1MC + 1DJでピュアなtrue hip hopってカンジだった前回と比べると、 + percussion + keyboard ということで、よりBEシフトなカンジだったかも。実際、セットリストは7割強BEからの選曲だったしね。他の作品からは1曲ずつってカンジだった。Come Closeのときは前回と同じく女性ファンをひとりステージに招いてのパフォーマンス。最初のワンコーラスなんて後ろから抱きっぱなしだったね。羨ましいやら見てられないやら。最終的には胸揉んでた気する(わ)。んーと、ファッション的には 登場時イエローのポロ(w/ ベレー) → 脱いで白Teeいっちょ → さらに脱いで上半身裸(ベレーも脱いでテカテカのエロス全開) ってなカンジの流れで。最終的にはブレイクダンスまで披露したみたいよ。オレはよく見えなかったけど。ノリノリだな。


オレ的なハイライトは何だったかなあ。They SayとI Used To Love H.E.R.とIt's Your Worldだったかなあ。They Sayのパフォーマンスの前に長めのMC。CAN I BORROW A DOLLAR?から順に名前を挙げて、客にアルバムを持ってるか問いかける。英語がわからなかったからなのかもしれないがCAN I BORROW A DOLLAR?を持ってるーと反応したヘッズが少なかった。超名盤ぞ、アレは。逆にELECTRIC CIRCUSの名が挙がったときのフロアの反応が予想より大きくて驚いた。好きなの?blastか何かのインタビューでThey Sayは前作をプレスにさんざん叩かれたことがネタになっているって言ってたから、MCでもそういうことを言ってたんだと思うんだけど、オレ自身英語がわからんので真意はわからず。残念。でも、そんな長めのMCに導かれて始まったThey SayのラップはCOMMONらしくないほど熱いもので、それはちょっと目を見張るものだった。本編ラストがIt's Your Worldだったんだけど、COMMON本人もkeyboard演奏に加わってのパフォーマンス。美しい曲だなあ、と思うよ。どこまでも美しい旋律とは対照に、COMMONのラップとpercussionの演奏がどんどん熱くなっていく。素晴らしいパフォーマンスだったね。この曲の演奏はNew Orleansの被災者に捧げたものだそうだ。そして、最後は1曲だけアンコールに応えてくれてThe Light。盛り上がった。COMMONに導かれてフロア全員でBobby Caldwell大合唱の巻。
まあ、楽しい夜ですた。お土産にバッジなんて買ってきちゃった。てへっ。


P.S. 今回もまたTake It EZとか演ってくんなかったー。