THE WILDHEARTS @ 代官山UNIT

職場を出て、トボトボと旧山手通りを歩いていく。19時過ぎにUNITに到着したので前座始まってるだろうなと思ったんだけど。まだ前座始まってなかった。のはいいけどさ、ロッカー埋まってるし。うーん。さすがにアウターは取られないだろうと思ってロッカーの脇に置いちゃったけど。んで、フロアへ降りていく。ドリンクを受け取ってしばらくすると前座が登場。3日間入れ替わりで別々の前座が登場するとのことだったが、、、この日はGingerのバンド。というわけで、前座と言いつついきなり主役が登場するという展開。トクした。のかな??? で、内容だが。WiLDHEARTS比べて申し訳ないけど、やっぱ盛り上がりには欠けるよなあ。曲悪くないけど。うーん。最後はWiLDHEARTSのSo Into You演ってて「それ反則だろ」と思いつつ盛り上がった。


前座終わっても、全然前のほうに行けそうなカンジはなかった。完全に満パン状態だね。諦めて後ろのほうにおった*1。暗転したステージにバンドが登場する。客のワーキャー感がいいカンジだ。オレより後ろにいたガイジンがTV Tanの歌詞を歌い始める*2。そしたら、ホントにTV Tanのリフが始まった。会場のヴォルテージ絶頂に。オレも大喜びで飛び跳ねとった。前のほうはかなり盛り上がってただろうなあ。TV Tanが終わるとすぐ次の曲へ。こ、このイントロはCaffeine Bombだ! うぉ、いきなり。あのリフ聴いただけでヘドバンせずにはおれん。もう、しょうがないからステージの見えるところ諦めて、柱の影になっちゃうとこにスペースを求めてガンガンにヘドバン。ステージ全然見えなかったけど、そのかわりモニターがあるから、それで我慢。Caffeine Bombは最も好きな曲のうちのひとつっす。アレ聴いて突っ立ったままでいられるなんてオカシイ。絶対無理。次にVanilla Radio。新しめの曲も演るのねえ。まあ、嫌いな曲じゃないのでそれなりに楽しむ。続いてSick Of Drugs。文句なし。サビなんて会場中大合唱でしたな。続いてNita Nitro。嬉しかったー。大好きな曲なんだよね、これ。そして最大のハイライトになったのはEverloneとMy Baby Is A Headfuck。前者については言わずもがなってカンジで。WiLDHEARTSを代表する名曲やからね。サビんとこの爆発力が凄いし、ブリッジも最高だし。超楽しんだ。後者についてはそうだな、LoveshitかMiles Away Girlかこの曲か、どれかは聴きたいと思ってたからね、嬉しかった。ホント盛り上がる曲だなあ。超超楽しかった。


MCはあんまわかんなかったけど、セットリストのことについて言及してた箇所があって。ベースのScottが離れたところに住んでてあんまリハ出来ないからリクエストには応じられない、みたいなこと言ってたのかな。多分。で、ネット見てて知ったんだけど、リクエストに応えられないだけじゃなく3days毎晩同じセットリストだったらしいわ。ありゃりゃ。オレは1日のみの参戦なんで全然OKだが、3日間参加した人は、、、ご愁傷様です。


本編が終わってアンコール始まるまでの時間が超長かったな。拍手する手が痛くなるからあんま待たせんなよ。で、アンコールにはGingerがひとりで出てきた。子供連れてたけど、Gingerの子なのかなあ。可愛かった。多分。ひとりで出てきたってことは弾き語りだな。で、演るのは29 x The Pain。えーーー、弾き語りで演っちゃうのー。ちゃんとバンドで演ってよー。泣きそうになったけど、まあ、演らないよりはマシなので。Kurt Cobainの下りは「oh, I miss you all Japan」でしたな。次にGeordie In Wonderlandも弾き語りで。まあ、それはわかる気がする。納得。その後バンドが再び合流して演奏開始。新曲(らしい)を演ったんだけど。どんな曲だったか憶えてない。まあ、悪くなかった気がする。そしてLove U Til I Don't。最高。最後はI Wanna Go Where People Goで大団円。最高だぜ。Gingerの最後の言葉は「願わくば夏フェスで会えたらいいな」であった。当然サマソニのことなんだろうとオレは思ったんだけど。FUJIなの?


総括。4年ぶりのWiLDHEARTSは最高でした。29 x The Painが弾き語りヴァージョンだったこととWeekend演ってくれなかったこととステージが全然見えなかったことを除けば、ね。また観たい。

*1:あ、まあ、荷物も持ちっぱだったけど

*2:今考えると、あのガイジンは1曲目がTV Tanだって知ってたんだね