DISCHARMING MAN 「いた」

タイトルトラックについては去年からライヴで聴いてるのでもうお馴染み。弾き語り、ドラム/キーボード伴奏、バンド編成と3ヴァージョンを考えると、正直、ドラム/キーボード伴奏のヴァージョンが一番しっくりくるかな、と。なので、この音源では特筆すべきは新機軸の2曲目かな。こないだ観たライヴではセットリストに含まれていなかったのだけど、ライヴでこの素材をどう表現してくるのか大いに気になるところである(ライヴで演るかどうかわかんないけど)。で、3曲目は従来のDISCHARMING MANのイメージに一番近いんじゃないかな。小野寺さん時代の作風を小野寺さん抜きで再現ってカンジか。