NAHT RELEASE TOUR 2007 @ 代官山UNIT

もう2ヶ月以上前の話なんで全然憶えてないけど。。まあ、思い出せる限り。
NAHTのレコ発なんでNAHTのことを語らなきゃと思いつつ。でも、自分としてはDISCHARMING MANがこのUNITのステージに立つってことに対しても感慨深いもんがあるよ。そのDISCHARMING MANがトップバッター。予想どおり。オレの予想が当たるなんて珍しいな。w この日は結構客入りが多かったんだよね。ホントはもっと前でかじりついて観たかったけど、3列目ぐらいにしか陣取れなかった。6月の2回のライヴですっかりバンド編成のDISCHARMING MANにやられてたからね、ドキドキで登場を待つカンジで。メンバーは前回と同じの5人。1曲目は「逃飛行」だった。UNITに響き渡る蛯名さんの声は何の気負いもなく普段どおりで、でも、過去最高に素晴らしくて。続く「因果結合666」も素晴らしかった。やっぱり、ノッチ氏のドラムが素晴らしすぎるのである。終盤はやはり涙ぐんでしまった。この曲はどうしてもダメなのだ。しょうがない。そういうツボなのだ。で、次に新曲。6月の八王子の初披露のときにぶったまげた「THE END」だ。最高すぎですよ。この日発売の新作からはもう1曲「怯えた剣」を演奏。これはこのとき初めて聴いた。んで、ラスト。宣言どおり演ってくれました「WHITE」。最後に「WHITE」を聴いた2004年12月3日から2年以上。やっと、聴けた。じーんとくる。2年以上も経っちゃってたけどやっぱり憶えてた。もちろんアレンジは違うんだろうけど、でも憶えてたよ。感動的だった。1年ちょっと前だったか蛯名さんがブログに「WHITE」のこと書いてて、そのとき「あまりにもDISCHARMING MANな曲」だって言ってた気がするけど、そのことが理解出来たかな、って思った。レコーディングに間に合ったKIWIROLL最後の新曲が「YES MEANS NO」でレコーディングに間に合わなかった最後の新曲が「WHITE」なんだよな。前者がものすごくオグさんのカラーが出てるのに対して、後者はあまりにも蛯名さんの世界なんだろうな。そう思った。実に感動的な演奏だった。レコーディングの予定はないのかな? 是非聴きたいし、ライヴでもこれからも演ってほしい。


DISCHARMING MANの演奏が終わると、その新作を買うため物販コーナーへ。が、もう身動き取るのも困難なほど混んじゃってる。うぜー。で、WINDAの松本さんに遭遇。ご挨拶。そしたら、「いやー、なんか、動いてる人いると思ってすぐ気付きましたよ」って言われた。あ、私ってバレバレ?わかりやすすぎ?ww なんとか、物販コーナーにたどり着いてDISCHARMING MAN新作「THE END」をゲット。3曲入り。今、店頭に並んでるヤツとはちょいジャケが違う???


2番手はeastern youth。初見。ドリンクカウンターのとこで見物。うん、興味ないわ。


トリはもちろんNAHT。さすがレコ発。普段より集客力が高いではないか。w 逆に言うと、普段はなぜあんまり集客力が高くないのか。うーむ。ホントはもっと前に陣取りたかったけど、さっきより混んじゃってて無理だった。真ん中あたりで観戦。えーと、曲順とか一切憶えてないんで、、うーんと、そうだな、かいつまんで言うと、だな、とりあえずアルバム全曲 + ARTICULATIONの2曲 + 「NEON PLANET」は演った。つまり、真の意味で復活後の集大成ってことだな。演奏は実に素晴らしかった。いつもと同じことしか言えないがタカヒロさんとハダさんが神。あと、これはどうしても言っておきたい、この日のハダさんのコーラスは過去最高に力強く最強であった。明らかに音源に入ってるコーラスの割合よりもライヴのほうが割合が多いよな。そんな素晴らしい演奏に対して、もっとガンガン踊りたかったけど、さすがにあんなに狭いとなあ。うーむ。
で、この日はサプライズがひとつ。1人目のゲストとしてYasukoさんが登場。レコ発ですもんねえ、こういうのもやっぱないとねえ。で、演奏曲目だが、やっぱりそうきたか、で、Split w/ MOGAのラストに入ってたE.L.O.のカヴァー。そうだよなあ。最近のインタビューでよくこの曲に言及してたもんねえ。この曲が今のNAHTの方向性への布石になってたんだってさ。確かにそうだよな。ま、個人的にはあのSplitのなかでは「Feelings can change the same view」っていう曲が大好きなので、この曲に対してはあんま有り難味がなかったけど。w
2人目のゲストはお名前失念。すいません。有名な人なんですかね。有名な人なんでしょうね。「ILL BEAT AWAKES」をセッション。より扇動的となったビートで最高でしたね。本編はそれで終了。もちろんアンコールもあり。オレの大大大好きな「REMEMBER FOUR KNIVES」で締め。最高でしたっ。