WINDA @ 下北沢Rinky Dink Studio

本間さんのラストとなる狸穴からMUSIC Vol.2.1だ。
トップバッターはNOT GREAT MENというバンド。初見。連想したのはEBULLITION、DISCHORD、ALTERNATIVE TENTACLESあたり。8割方EBULLITIONかなあ。かなりカッコ良かったよ。リフ自体がかなりハードコア寄りでオレ好みなのかも。
2番手がTHYMO。6月以来、2度目に観る。メンバー変わったようで。ギタリストがS-EXPLODEのヴォーカルの人じゃなかった。正直なとこ、デモCD-R全然聴いてないんで、今日演った曲がデモに入ってる曲なのか、もっと新しい曲なのか、オレはわからないんだけど。でも、前観たときと全然違う印象だったなあ。ギタリストが変わったせいなのか何なのか、カオスがだいぶ後退して、黎明期のEMOのようなキラキラしたものが前面に出てきたような。速い曲はかなりイケてたと思うし、オレは好きだなあ。ただ、やっぱりオグさんのヴォーカルはどうしても無理。オレは好きになれそうもない。最後に演ったわりと長尺の曲(それは速い曲じゃなかったけど)が一番良かったかなあ。まあ、そんなとこ。
トリがWINDAです。本間さんラストってことでたっぷり感傷にひたったパフォーマンスになるかと思いきや、いやなるわけもなく、っていうか、いつも以上にあっさりだったような。最後の最後まで「しゃべらないキャラ」を貫き通した本間さんに乾杯。w 1曲目は「We light」。で、2曲目が「WANDA WANDA」。本間さんのベースをたっぷりフィーチャーした間奏を期待したが、まあ、わりと普通でした。MCはやはり松本さんが一人でがんばる。面白いバンドだ。面白いお三方だ。3曲目が「毛虫列車」。これが今日のハイライトかな。WINDAってバンドの変態ぶりが一番発揮されてるし、なにより本間さんのベースがあり得ないぐらい凄いし。しかと目に焼き付けましたよ、本間さんの勇姿! ラストは「夜間飛行」。名曲。
しっかし、4曲だけっすか。短いなあ。レパートリー全曲聴きたいぐらいだったよ。いつまでもいつまでも本間さんのプレイを堪能したかったよ。こんな凄いベースを弾く人はカンタンに見つかるかしら。いや、違うのか。同じ人を探す必要なんてないのか。新しい要素が加わって、そこからまた新しいWINDAが始まるのか。うん、きっとそうだよね。


P.S.
今考えると「アカツキ」も演った気がする。あ、うん、演ったわ、絶対。