RAUL MIDON @ 恵比寿ザ・ガーデンホール

ガーデンホール7年ぶりだわ。7年って凄いな。久しぶりすぎて内部がどのぐらいの大きさか忘れてたけど、ま、BLITZと同じぐらい? オレが入場したときは前座のKATという人がパフォーマンス中だった。女性ソロシンガー。アコースティックなカンジ。15分ぐらいで終了。場をわきまえたカンジでいいじゃないですか。30分とかはやっぱ長すぎるもんねえ。
で、19時半ぐらいにいよいよRaulが登場。スタッフに手を引かれてギターを抱えた大男がステージ中央へ。MCもなく、いきなり曲へ。Raulがギターを爪弾いた瞬間から、空気が変わった。あのカッティングの切れ味。「シュバッ」っていう音。カッティングといいパーカッシブな奏法といい、あんなに手が大きいから出来るのかな。1曲目は新作の1曲目Pick Somebody Upだった。この曲に限らず、これ以降、すべての曲をRaulひとりで演奏した。テレビで新作のプロモ来日時のインタビューを見たんだけどさ。新作の製作にあたっては「ライヴで演っていることを再現したようなレコードは作りたくない」ということを意識したそうだ。このソロパフォーマンスを観て、そのRaulの言葉が逆説的に証明された気がする。レコードと全然違うんだもん。いろいろなアイデアを取り込んでポップスの自由度で作品を作り上げた新作。でも、ここで聴かせてくれたのは、完全にRaulがひとりで作り上げる音。歌・ギター・マウストランペット。新作からの曲を沢山演奏したけど、そのどれもが素晴らしかったなあ。レコードと同じアレンジの曲なんて(当然ながら)1曲もない。でも、どの曲も即興の部分で楽しませてくれたなあ。2曲目にはいきなり自分が新作で一番好きなAll Because Of Youを演ってくれて嬉しかったし。っていうか、聴きたい曲全部聴けたと言って過言でない。アルバム2枚しか出してないアーティストで90分超のセットだからね。演らない曲のほうが少ないよね。ハイライトだったのはSunshineとSong For SandraとState Of Mindか。Song For Sandraはじーんときた。いい曲だなあ。State Of Mindはもう凄すぎて凄すぎて。Raulの演奏技術を総動員したパフォーマンスにもう唖然ですわ。マウストランペット凄すぎ。
あと、MCはかなり饒舌にしゃべってました。いい雰囲気だった。また来てくれるよね。また観たいっす。