読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2007年総括

<Albums>

1.4HERO 「PLAY WITH THE CHANGES」
Play With the Changes (Dig)
2.NAHT 「IN THE BETA CITY」
In The Beta City
3.GAUZE 「貧乏ゆすりのリズムに乗って」
貧乏ゆすりのリズムに乗って
4.BON JOVI 「LOST HIGHWAY」
Lost Highway
5.MR. CHILDREN 「HOME」
HOME(通常盤)
6.ANGIE STONE 「THE ART OF LOVE & WAR」
Art of Love & War
7.BAD RELIGION 「NEW MAPS OF HELL」
New Maps of Hell
8.COMMON 「FINDING FOREVER」
Finding Forever
9.MACY GRAY 「BIG」
Big
10.RADIOHEAD 「IN RAINBOWS
In Rainbows
次点:JILL SCOTTGRAPEVINE
今年はとにかくNAHTGAUZEの新譜が出たことが嬉しかった。それに尽きる。両者ともライヴですでに新曲はお馴染みになってたわけだけど、でも出来上がった作品は大変満足出来るものであった。ここまで長かったけど、見事な傑作でありました。ランキング下位のほうについてはどれも僅差なので大いに迷った。っていうか、今でも迷ってると言ったほうが正しいかも。後からこっそり書き直しちゃおうかな。w
ガッカリだったのはBJORKVELVET REVOLVER。期待が大きかっただけにね。
追記:なんかJoy Denalaneは2006年の作品らしいですね。なので、Joy Denalaneを除外して他を繰り上げました。(でも、Joy Denalane素晴らしかったぞ。)

<Tunes>

1.DISCHARMING MAN 「THE END」
THE END
2.DISCHARMING MAN 「また遭う日まで」
THE END
3.DISCHARMING MAN 「怯えた剣」
THE END
4.DISCHARMING MAN 「身勝手なオレにはお似合いさ」
いた
5.DISCHARMING MAN 「だいなしにしちゃった」
いた
Discharming manは大きく飛躍した年でしたね。前に述べたことの繰り返しになっちゃうけど、ギターロックじゃないってのが頼もしい。全然KIWIROLLに似てないし、蛯名さん、ホント素晴らしいバンド作ったなあ。2008年のリリース攻勢にも俄然期待。

<Live Performance>

1.CELTIC FROST @ 渋谷CLUB QUATTRO 1/16
2.BRUTAL TRUTH @ 代官山UNIT 3/8
3.STEVIE WONDER @ さいたまスーパーアリーナ 2/17
4.DISCHARMING MAN代官山UNIT 9/2
5.WINDA @ 下北沢BASEMENT BAR 1/12
次点:JASON FALKNER、CAPITALIST CASUALTIES、NAHT
2007年も素晴らしいライヴの数々を目の当たりにした。ここに挙げ切れなかったのがたくさんある。どれも素晴らしかった。CELTIC FROSTは本当に凄かったな。彼らの放つオーラも凄かったし、本当にCELTIC FROSTを待ち望んでいたオーディエンスの熱気も凄かった。特別な一夜だった。