THE 日本脳炎 @ 代官山UNIT

仕事帰りにUNIT直行だったけど19時半開演だったから悠々間に合った。客入りはそうだな満員御礼ってほどではなかったかな。まあ、平日だったしね。1曲目は新作からくるかな、と思ったけどさにあらず。1stから「BACILLUS BRAIN」。ものすごく盛り上がってたけどね、オレはちょっと後ろのほうで観てた。それでも十分楽しかった。2曲目に「香港CAFE」で、これまた盛り上がった。1曲目2曲目と昔の曲で始まったし、KiichiさんのMC第一声も「こんばんわ、日本脳炎です」だったからね、ああ、やっぱり、日本脳炎は変わっちゃってなんかいない、って気持ちを新たにしたと同時に「早く新作の曲が聴きたい!」ってウズウズしてる自分にも気が付いて。そう思えることもまた嬉しいことだね。そんなオレの気持ちに応えるように3曲目には本日1発目の新曲が炸裂。「SPARKIN' REAL」がスパークだよ。カッコ良かったなあ。その後は昔の曲を織り交ぜながら新作の曲をすべてこなしていくカンジ。個人的には今作はA面よりB面が気に入っているので、B面の曲がオレとしてはハイライトだったなあ。「WHO'S FOOL」がすげー渋くてグッときたなあ。渋すぎて客はあんまり喜んでなかったかもしれないけどオレはグッときたぜ。そして、セットの後半に披露したのはオレの一番好きな「COSME」。すげー良かった。胸キュン! 昔の曲で良かったのはやっぱり「流線型」だなあ。夜に走らせる願いはあのときもう放たれてたんだよ。そうなんだよ、絶対。本編ラストは「MIDNIGHT SAVAGE」でこの日一番の盛り上がり。当然アンコールもあり。Kiichiさんを除く3人で戻ってきて、まずは「BARK AT THE MOON」をしっぽりと演奏。イキフンばっちりだったね。続いて「しばらく演ってなかった曲を久しぶりに歌います。歌詞覚えてたら一緒に歌ってください」というMatsuさんのMCで始まった「NEON LIGHT」。会場大喜び。やっぱ人気ある曲なんだねえ。トリオでの演奏ってことで原曲が持っていたキラキラ感は減退してしまったけれど、そのぶん会場が拳振り上げてコーラスで盛り上げてたかな。その後はKiichiさんも戻ってきて最後の狂乱。演奏したのは「電光石火の色男」。しまった、オレが全然予習してない曲だよ。そっか、この音源の曲も演るのか。予習しておけばよかった。そんなオレをよそに客がすんげー盛り上がってた。こんなアガる曲なんだね。ある意味キラーチューンと言っていいのかも。ラストは「畜生ブギー」。かなり後ろのほうまで盛り上がりに盛り上がって大団円。8月に出る予定という話だった新曲を演るかと思ってたら演らなかったし、他にも聴きたかった曲はあるけど、でも、これだけ長く演奏してくれたんだから大満足ですわ。いいライヴだった。
余談ながら、この日は日本脳炎のTeeシャツ着て行ったのに誰ともカブらなかった。すげー。 あと、C・O・S・M・Eの新しいTeeシャツのデザインはあぶらだことCORRUPTEDを意識したのだろうか(全然違う?)。