読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライヴ部門だけでも書いておくか

せめてライヴ部門だけでも書いておくわ。


<Live Performance>

1.D'ANGELO AND THE VANGUARD @ Zepp Tokyo 8/18
2.THE POP GROUP @ LIQUIDROOM 3/1
3.TONY VISCONTI AND WOODY WOODMANSEY @ Billboard LIVE TOKYO 7/7
4.JEFF BECK横浜赤レンガ倉庫 9/27
5.IAN HUNTER AND THE RANT BAND @ 下北沢GARDEN 1/17
次点:鉄アレイ、DISCHARMING MAN、GORILLA BISCUITS、HIATUS KAIYOTE、DJ PREMIER


サマソニでのパフォーマンスも最高だったけど、やっぱ単独のほうを挙げておこうか、D'Angeloは。登場までに45分も待たされて、結果的にサマソニのセットリストより3曲ぐらい多かっただけのショウだったわけだが。それでも、圧巻のショウだったことは確か。ソールドアウトで満パンだったけど、踊れるスペースを見つけられたのは純粋に運が良かった。あの水準のショウを恒常的に観られたら幸せだわ。
POP GROUPは1年に2回も来日してくれたわけだが、ここは3月のショウを挙げておく。12月の公演は事前のアナウンスどおりセットリストがガラっと変わったんだけど、結果的に重要な曲が全然出てこなくて。それはそれで潔いんだけど、さすがに「We Are Time」すら演らないのは驚いた。
10年ぶりの新作をリリースして見事に復活したBowieなれど、ライヴ活動は再開していないわけで。そしたら、Tony ViscontiとSPIDERS FROM MARS最後の一人Woody Woodmanseyが『THE MAN WHO SOLD THE WORLD』の完全再現ライヴを演ると。これは素晴らしかったなあ。名曲満載のアルバムだし、他の作品からの曲も演ってくれたしね。Biscontiは1年前からBowieの病状を知っていたということなので、本人の代わりにBowieの音楽を届けるという使命感もあったのかもね。
Jeff Beckは単独公演のほうは足を運んでいないので、これはBlue Note JAZZ FESTIVALの日のパフォーマンス。スタンディングでBeckを観るのはあのウドーフェスのとき以来だな。御大はライヴの出来不出来に波がある人だと思うけど、今回はすっごく良かったと思う。個人的には今までで一番良かったかも。
Ian Hunterのことはほとんど知らないけど、まあ、観ておかないと次はないかもしれないので足を運んだ次第。観ておいてホントに良かったわ。素晴らしいパフォーマンスだった。Sir Paulより年上ってことにまず驚く。それでいてあの現役感。マジ凄いわ。