2019年総括 その2

<Albums>

1.DJ SHADOW 『OUR PATHETIC AGE』
Our Pathetic Age
2.GANG STARR 『ONE OF THE BEST YET』
One of the Best Yet
3.black midi 『SCHLAGENHEIM』
Schlagenheim [輸入盤CD] (RT0073CD)
4.DOS MONOS 『DOS CITY』
Dos City
5.iri 『SHADE』
Shade (通常盤)
6.RAPHAEL SAADIQ 『JIMMY LEE』
Jimmy Lee
7.COMMON 『LET LOVE』
Let Love
8.THE MAGPIE SALUTE 『HIGH WATER II』
High Water II
9.ANDERSON .PAAK 『VENTURA』
Ventura
10.GRAPEVINE 『ALL THE LIGHT』
ALL THE LIGHT (通常盤:CD)
次点:BRIAN OWENS、私立恵比寿中学THE WHO、ARIANA GRANDE


1位はSHADOWにしようかGANG STARRにしようか、すげー迷ったなあ。両方ともすげーイイ作品。まあ、でも、(すでに十分すぎるほどにベテランだが)未来を担うSHADOWを1位にしとくか。前作のとき、オレが年間総括を書いてなかったから一言も言及してなかったと思うけど、前作もすごい好きだったよ(来日公演もめちゃ良かった)。今作は2枚組でどっちの盤も気に入ってる。
その下にblack midiDOS MONOSを仲良く並べといた。black midiの来日公演で共演した両者。オレからしたらDOS MONOSも「若き才能」なんだけど、その上をいく若さだからなあ、black midiは。いつの時代にも凄いヤツっているのね。そういえば、両作品とも(CDでもアナログでもなく)カセットテープを買ったよ。
正直、下位のほうはかなり迷ったな。次点に並べた盤も含め、どれを入れるか、どれを外すかってね。まあ、豊作な年だったということなのだろう。


それはそうと、去年ここに書いた「2019年はMAXWELLDISCHARMING MANのアルバムに期待」っていう希望的観測だけど、両方とも実現しなかった。まあ、DISCHARMING MANに関しては、ノッチさんの離脱があったからしょうがないんだけど。今年こそ出てほしいね、MAXWELLDISCHARMING MANのアルバム。あと、赤い公園かな。今度出る「絶対零度」ってアルバムかと思ったらシングルだったわ。

<Tunes>

1.赤い公園 「Yo-Ho」
消えない - EP
2.LITTLE SIMZ 「OFFENCE」
GREY Area [輸入盤CD] (AGE101001CD)_686
3.GRAPEVINE 「すべてのありふれた光」
すべてのありふれた光
4.恵比寿マスカッツ 「EBISU ANIMAL ANTHEM」
EBISU ANIMAL ANTHEM(通常盤)
5.NAO YOSHIOKA 「LOVE ME」
Undeniable


この部門はもう廃止しようかなあ。アルバムを買った作品に関しては「1曲単位で聴く」行為をあんまりしてないからなあ。そうすると、アルバム買ってないからものから選ぶかって話になるけど、「それアルバム買ったものより好きじゃないのでは?」っていうセルフツッコミも生まれてしまいがち。うーーーん。
まあ、でも、赤い公園が良かったな。EPの全曲良かったけど、ここでは「Yo-Ho」を挙げとくか。理子の歌声の素晴らしさが活きてる。活きまくってる。