読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GREENROOM FESTIVAL '15 @ 横浜赤レンガ地区野外特設会場

前の日までは雨の予報だったんだけどね、当日になったら晴天だった。良かった、良かった。ホントは福原美穂から観たかったんだけど、その時間に会場入りすることができず。それだったら、もっと遅れてもいいかと思って、UNIONに寄ってくことにしたわ。戦利品は以下。

  • EUGENE McDANIELS 『OUTLAW』
  • FUGAZI 『THE ARGUMENT』



んで、会場入りして最初に観たのはMAMAS GUNから。

MAMAS GUN

こっちのステージは去年までと向きが変わったね。規模自体が大きくなったようで、それはいいことだな。その結果悠々観られたな。あるいは、このバンドの集客力がなかったのかな。まあ、このフェスの客層にアピールする音楽ではないかな。でも、オレはすごく気に入ったけどね。MAROON 5よりは甘口じゃないぐらい、その塩梅がいいんじゃないかな。


DEF TECHと中納良恵は集客力ありすぎてちゃんと観られず。去年のライヴレポートでも同じこと書いたけど、もうちょっとキャパが増えるようなレイアウトにしてほしい。


藤井フミヤ

んで、今年のお目当ては何と言ってもフミヤ。普段観たくても観られないからね。DEF TECHが押したおかげでフミヤの登場も押してたけどね、ピンクのシャツ姿で本人登場。結構近い距離で観られたなあ。大宮で観たときは2階席で超遠い距離だったからね。まあ、今回はアコースティックセットだったわ。時間は40分ぐらいだったかな。もちろん、本当はフルセットが観たいのだけどね、たとえ短めのアコースティックセットでも十分貴重。フミヤの歌声は素晴らしかった。上手いなあ。聴き惚れるね。サービスなのか「白い雲のように」を歌ってくれたね。「夜明けのブレス」のときは花道まで出てきてくれた。人生で一番フミヤに近づいた瞬間。最後はもちろん「TRUE LOVE」であった。

LIFE IS GROOVE

お次は建物のなかでLIFE IS GROOVEのライヴだ。GREENROOM FESTIVALに来るのは3度目だけど、建物のなかのステージに来るのは初めてだわ。LIFE IS GROOVEの登場時間も押してたな。映画上映が長引いたとかで。ステージのセッティング中、タブゾンビがドラクエのテーマを吹いてはった。そのタブゾンビがもはやトータルテンボス大村さんにしか見えないオレの目。そして、あの竜之介君は16歳の高校生になったそうだが、彼も大村さんっぽくなってたような。そしたら、今度は、髪をひっつめにしてたドラムのみどりんがハイキングウォーキングのQ太郎に見えてしょうがなかった。どうなってんだ、オレの目。んで、ライヴが始まってみると、最初から最後まで完璧だったね。去年のサマソニで観て一発でノックアウトされたけど、今回も本当に最高だったわ。このフェスの趣旨とは全然違うかもしれないけど、オレにとってはこれが最大のハイライトだったね、文句なく。


外に出るとBEGINが演奏中だったな。本気で「涙そうそう」で泣いても良かったんだけど。どうやらフェス仕様だったみたい。

THE WAILERS

さて、トリはWAILERS。今年はBob Marley生誕70年だそうで。どの人がオリジナルメンバーなのかはわからず。でも、ドラムはとんでもない鳴り方してたな。最高。ただ、どうなんだろ。セットリストがな、うーん。。。 「Get Up, Stand Up」すら演らないのはビックリした。Blue Note公演のセットリスト見てたら羨ましさが込み上げてきたよ。