読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THUNDER @ CLUB CITTA川崎

再解散と再々結成を経ての来日決定。もちろん、嬉しかった。けど、まあ、いちいち解散とか再結成とかを宣言する必要はないと思うね。活動休止と再始動でしかないと思う。ま、WiLDHEARTSと一緒だよね。
なぜか、今回の公演はモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさきの一環として開催された模様。うーん、なんで??? 結びつかんな。


自分が中に入ったときは1バンド目のTHE UNIONが演奏していた。Lukeの別バンドなんだけどね。ベースはTHUNDERのChris Childsだった。いたってオーソドックスなハードロックであった。まあ、特別印象に残ってる曲もないんだけど。


セットチェンジもかなり早かったようで、19時ごろにはTHUNDERのショウが始まった。LukeとChrisはもう顔見ちゃったけど、他の3人もお変わりなく。元々十分にオッサンなので。ww 「Loser」のイントロを奏で始め、Dannyが客を煽る煽る。大いに盛り上がるオーディエンス。で、そのまま「Loser」が始まるかと思いきや、いきなりの「Dirty Love」!凄いな。会場全体が一気に持ってかれた。この演奏が始まった瞬間に確信したわ。今夜のライヴは最高だって。それが確信できちゃうぐらいのパフォーマンスだった。そして、2曲目に「River Of Pain」。ここ日本で人気の曲が続く。最高だね。


セットリストに関して言えばなんとなく予想してたんだけど、1stの曲が中心だったな。他に聴きたい曲はなかったと言えば嘘になるけど、ああも名曲を連発されたら何も文句は言えないな。最高の一言。そのなかでは「An Englishman On Holiday」が個人的ハイライトだったかな。他のアルバムの曲で言えば「I'll Be Waiting」と「Play That Funky Music」だなあ。前者は大好きな曲でねえ。後者はアンコールの1曲目に演ったんだ。実はライヴでこの曲聴くの自分は初めてで。最高だったわ。アンコール2曲目にはUNIONのメンバーも登場して一緒にSpringsteenの「Born To Run」を演ってた。まあ、名曲だとは思うけど、ちょっとその選曲は謎だったかな。


パフォーマンス面はもちろん全員素晴らしかったけど、今回はBenの活躍ぶりに注目。ギタリストとしてはもちろん鍵盤での貢献ぶりも最高じゃないか。そして、「I Love You More Than Rock 'N' Roll」でのカウベルもね。あそこはもっとうるさく鳴らしてもいいと思うけどね。雰囲気出るし。


ってなわけで、文句なしに素晴らしいライヴでございましたわ。確実に年間ベストクラス。こんな素晴らしいライヴが出来る人たちはもう「辞める」なんて言ったらダメだね。というわけで、また来てください。願わくば、もうちょっと長めのセットでね。

  1. Dirty Love
  2. River Of Pain
  3. Higher Ground
  4. Fire To Ice
  5. I'll Be Waiting
  6. The Devil Made Me Do It
  7. Until My Dying Day
  8. An Englishman On Holiday
  9. Just Another Suicide
  10. Love Walked In
  11. Somebody Get Me A Spin Doctor
  12. I Love You More Than Rock 'N' Roll

~encore~

  1. Play That Funky Music
  2. Born To Run
  3. Backstreet Symphony