TRICERATOPS @ Zepp DiverCity

ちょうど1年に1回のペースで観てるな、TRICERATOPS。まあ、昔から聴いてるわりにTRICERATOPSに詳しくない自分だからこそ、春先に偶然観たBSフジのドキュメンタリーで衝撃の事実を初めて知って。もう少しのところで吉田佳史は脱退するところだったのだとか。ビックリしたなあ。でも、結果的に最悪の事態は免れて今に至るわけだ。本当に良かった!考えてみれば不思議なバンドだよなあ。年少の2人はお互いを苗字で呼び合っていて、年長の吉田佳史だけ下の名前で呼ばれてるんだもんなあ。でも、やっぱり、このトライアングルは絶対に崩れちゃいけないよな。そもそもバンド名に3を表す数字が入ってるわけで。


今回の会場はZepp DiverCity。最近よく来るな、ここ。実は数日後にもまた来る。どうやら、開場時間が押したらしく、ちょうどいい時間に行ったつもりが、まだまだ入場のための長蛇の列が途切れてなかった。そしたら、DiverCityのちょうど目の前がフジテレビのお台場新大陸の会場だった。んで、偶然そのときSCANDALのステージを演っていて。中には入れなかったけど、漏れてくる音を聴くスタイルで。ちょうど「会わないつもりの、元気でね」を演奏するとこだった。当然、スクリーンもほぼ見えないぐらいの距離だったけど、MAMIの新しい髪型はバッチリわかったぜ。MAMIは最強だ。どんな髪型、どんな格好でも最強に美人だ。


さて、中に入ってビールを受け取ってフロアに行ってみると、そろそろちょうどいい時間のようだ。BGMはすでにWHO「Won't Get Fooled Again」になっていた。そして、それがそのまま出囃子になってバンドの登場だ。オレがいたのはかなり後ろのほうだったけど、でも、ステージよく見えて良かったよ。演奏は文句なしに最高だったわ。アルバム制作に向けて、曲が溜まってきている段階のようで、新曲も数曲披露してた。どれもカッコ良かったよ。MCも絶好調だったね。
最近買ったというキーボードをセッティングしてギターレストリオになる一幕も。それもすごく良かったわ。


そして、今回の最大のサプライズの瞬間が訪れる。「僕、最近、ある人にギターを教えてまして」で始まったMC。まさか、まさか、と思っていたのだけど、そのまさかが。「登場していただきましょう、草彅剛」だって。いやー、ビックリした。もちろん、オレはSMAPのコンサートなんか行ったことがないわけで。初めて観るナマ剛だよ。いやー、行って良かった。ガッチガチに緊張してたな、剛。披露したのはもちろんSMAPに提供した新曲。途中で一箇所失敗したらしく、後から部分的に演り直したの。『ぷっすま』のオンエアでは編集して繋げるって。ww この1曲だけと思いきや「夢の中へ」のカヴァーも。なんか得した気分。


後半戦も最高だったね。アンコールも2回演ってくれたわ。2回目はないかと思って、あやうく見逃すとこだった。危なかった。
やっぱ、このJ-POP界最強のトライアングルには末永く活躍してもらいたいね。そう強く思った一夜であった。

  1. THE CAPTAIN
  2. Milk
  3. Neo Neo Mods
  4. Flash(新曲)
  5. 僕はゴースト(新曲)
  6. vine
  7. Going To The Moon
  8. pumpkin(新曲)
  9. Happy Saddy Mountain
  10. Finally
  11. ココカラ
  12. 夢の中へ
  13. StarLight StarLight(新曲)
  14. FLY AWAY
  15. Silly Scandals
  16. Raspberry
  17. 夜のStranger

encore

  1. Yes It Is
  2. 赤いゴーカート
  3. MADE IN LOVE
  4. トランスフォーマー