EDGE OF THE CENTURY 2004 @ 渋谷O-EAST

行ってきた。15時開演。7時間の長丁場で再入場禁止はイタイところ。でも、出演ラインナップの魅力に助けられたところが大きかった。METALLICAのロンTを着て行ったが、入り口のところの物販でP.I.のスカルプリントのTシャツを購入して早速装着。いい子だなー、オレは。

PILE DRIVER

昨年に引き続きトップバッター。音源持ってないけど、有無を言わさずカッコイイなーと思う。

STRUGGLE FOR PRIDE

お次は大人気STRUGGLE FOR PRIDE。BREAKFASTのTシャツで登場の今里さんに、STRUGGLE FOR PRIDEのTシャツでトップオーディエンスを張る酒井さん。愛だねえ。ひたすら咆哮するヴォーカル、ひたすらノイズを放出することに没頭する弦楽器隊*1、屋台骨を支える歴戦のドラマー。その構図はCORRUPTEDのそれに似ているかもしれない、とふと思った。NAHTファンのオレはタカヒロさんのドラムにくぎ付け。最高のパフォーマンスであった。

EXTINCT GOVERNMENT

こちらも2年連続出場。まあ、たいして好きじゃない。

PAINTBOX

ステージ上に3人しか揃ってないのに、演奏を始めるPAINTBOX。ヴォーカルはChelseaさん自身が取っている。「え?PAINTBOXってヴォーカル抜けたの?」と頭んなかで疑問符がグルグルと。1曲終わったところで、ChelseaさんがMCを取る。「今日、ヴォーカルが遅刻でよー、しょうがねえからオレ歌うわ」だって。弦が切れたので、張替え後、ステージ再開。いや、すげーんだよ、これが。Chelseaさんのヴォーカル、Ishiyaさんバリにいかついの。男のなかの男、天才のなかの天才だね。会場も大盛り上がり大会。結果的に貴重なもん観たなー。

PINK PARTY POODLES

余興。ダンスチーム(?)らしい。とりあえず、一番右の人はテンパってたと思う。とりあえず、一番左の人は4,5回肩ヒモがはだけてたと思う。左サイドに陣取っときゃよかった。(なんのこっちゃ)

COLORED RICEMEN

久しぶりだなー、COLORED RICEMEN。いつ以来かわからないぐらい久しぶり。ブッチャーさん、すげー楽しそうだった。

MELT-BANANA

普段のオレの行動範囲(行動パターン?)のなかだと1ヶ月に2回もMELT-BANANA観れるってことはないのでとっても嬉しい。相変わらずYaKoさん超キュートでした。かなり混んでたけど、ヘドバンするぐらいのスペースはあったので観やすかった。サイコーだったね。個人的にはこの日の一等賞。

鉄アレイ

貫禄たっぷり鉄アレイ。20周年単独以来だなー、オレは。普段のBURNING行かないから。新しい目の曲が中心のセットリスト(知らない曲もあった。超新しい曲かな???)。最後は名曲FORCEで大団円。

POISON IDEA

で、POISON IDEA。の前にスタッフが登場。「えー、みなさん既にご存知かとは思いますが、今回はPig Championは来日しておりません」と。いやいやいや、知らなかったっつーの!いや、まあ正直そういう予感ぐらいなら少しあったけど、少なくとも知ってはいなかったっつーの。会場もガックシ。「でも、それじゃ、みなさんに納得していただけないかと思いまして、Pig Championのビデオレターを撮ってあります」と。んで、スクリーンに映し出されるPig Champion御近影。正直ビックリした。あまりの巨漢ぶりに?いやいや、老いていたのである。ありゃ、もうオッサンを通り越してオジイサンだろ。あごひげが微妙に白髪交じりだった。ギターの弾き語りで日本に来られなかった旨を語る。「i can't go to Tokyo 〜 ♪ for medical reason 〜 ♪」こんなカンジ。とりあえず、あれではハードコアパンクの演奏は無理かもしらん。ビデオの上映の後、いよいよPOISON IDEAの登場。おおー、Jerry Aだあー。ってカンジ。こちらは思ったより老けてなかった。巨漢ぶりは凄かった。Jerry > Dino > Milanoだね。しかーし、Jerry A以外のメンバーにショック。Slayer Hippyじゃないし。。。結局あれかね、再結成はJerry AとPig Championのみの集結なんかね。で、Championが離脱してJerryしか残ってないのかね。
まあ、でも、曲はしっかり楽しもう、ってことで。結構まんべんなく曲演ったと思う。あ、でも、わかんない、オレPICK YOUR KINGとWE MUST BURN持ってないからな。個人的ハイライトのJust To Get Awayが演奏されたところで、ピットへ。が、あんま盛り上がってない。あれ?もしかして、人気ない?この曲。一番盛り上がったのはPlastic Bombだったなあ。当然か。オーオーオオー、ってね。Jerry Aのテンションは妙だったね。楽しそうだった。
まあ、でも、やっぱPig ChampionとSlayer Hippyも見たかったね。

SAKEVI

最後はSAKEVIさん。昨年同様、非常に忍耐を強いるステージを展開。フライヤーを見る限り吉田達也先生との合体プロジェクトとのことだったので、とりあえず、吉田達也先生が出てくるまで粘ろーっと。って思ってたら、、、そのまま誰も登場することなく終了。はい?
終わってから気付いたけど、PILE DRIVERの前に演奏してたのが吉田達也先生だった?そうとは知らず、Tシャツ買うために物販に並んでた私。



「来年もまた会いましょう」の言葉で締めくくられたこのイベント。CHAOS U.K.、POISON IDEAときて、次は何かね?このクラスの大物ってなると割りと限定されてくるような。DISCHARGEとか。AGNOSTIC FRONTとか。

*1:演奏時間の半分はオーディエンスに背向けてる