SUMMER SONIC 06 @ 千葉マリンスタジアム、幕張メッセ

いつもの土曜と同じ時間に起きて、あおい見て洗濯して掃除して、いざ幕張へ。Teeシャツは当然去年と一緒でQUEEN。人生で一番好きなバンドのTeeシャツ着て人生で2番目に好きなバンドを観に行くのさ。なんて正しきロック少年*1なんだ、オレは。ルートはもち西船ルート。電車賃ケチってんだ。悪りいーか! 海浜幕張でおにぎり買って、腹ごしらえ後に会場へ。いつもどおりリストバンド引換えはマリンスタジアムのほうが空いてるからそっちに行けと言われる。大人しく従う。2日券をリストバンドと交換。なんか、例年よりチャチくなってるぞ、このリストバンド。そして相変わらずタイムテーブル表を配ってるコンパニオンの衣装がエロい。来年あたり水着になってんじゃねーかな*2。さあ、お目当ては土屋アンナm-flo。一路メッセへ。シャトルバス乗ったら早いのかもしんないけど、あの行列見ただけでヤル気が失せる。ってわけで、テクテクon foot。リバーサイドも変わったねえ。年々規模のデカくなる遊園地、みたいな。メッセに到着後、土屋アンナの出るステージの場所を確認。しかし、ボード上の地図を見てもメッセ内にISLAND STAGEなる文字が見当たらない。あれ。ふとマリンのほうに目をやると。。 がびーん。ISLAND STAGEってBEACH STAGEの隣なのかよ。屋外なのかよ。ショック。というわけで、土屋アンナ見れなかった。くそー。しょうがないので、m-floの出るMOUNTAIN STAGEへ移動。しかし、その移動も例年にないほどスムーズじゃなかったね。不快指数高めだったぜ。

m-flo

まず、ステージのこと。MOUNTAIN STAGE小さくなったな。ホール2個分ブチ抜いてステージを斜め45度に構える、あの巨大空間じゃなくなってた。通常の長方形のフロアになってた。これには不満だな、オレは。あの巨大さゆえの広々感が好きだったぜ、オレは。スペースが確保しやすいから。
んで、m-flo。やっぱ邦楽は人気あるね。結構客入りが良かった。割と時間どおりにm-flo登場。おお、2人とも浴衣で登場じゃないか。んで、のっけからサポートの2人を召還。すまん、名前知らん。1曲目、2曲目は、うーん、なんか聞き覚えある気するし多分有名な曲だと思う。すまん、名前知らん。客は盛り上がってますた。3曲目でVerbalから「それじゃあ登場してもらいましょう、ゴッド姐ちゃんことLisaー」のコール。Lisa登場に会場がヒートアップして客がダーって前に走ってった。人気あるねえ。オレも嬉しかった。もちろん演るのは昔の曲(すまん、名前知らん)。懐かしかった。盛り上がった。Verbalは2年前のサマソニに客として参戦してNas、BEASTIESで思いっきり声張って歌ってたら周りからヒかれたそうだ(わ)。Lisa退場後はややクールダウンしたカンジで進んでいったが、ほどなくして「次が最後の曲です」とか言われてしまった。え”ー。短い。もっと観たかった。最後の曲は(すまん、名前知らん)サビまで来てやっと丸井のCMの曲だとわかった(わ)。てっきり、CMのフリのとおりに踊らされんのかなとか思ったけど違った(わ)。
まあ、時間的にもっと長くてもっと踊れたら良かったけど、パフォーマンス自体は満足です。

DANIEL POWTER

どしゃ降りの雨のせいでマリンへ移動する気にもならず屋内のアクトを観ようと決める。ってわけで、Daniel Powter。@ SONIC STAGE。まあ、一番売れてる洋楽アーティストでしょうしね。かなり客入りは良かったですな。すごくイイ声でした。綺麗な声でした。しかし、まあ、あれ以上聴いてたら立ったまま寝るって確信したのでアタマ3曲だけ聴いて出てきた。あぶねえ、立ったまま寝るとこだった。


友達と先輩に連絡。どうやら、どっちもマリン側にいるらしい(そりゃそーか)。ってわけで、移動。この時間もまだ少し雨が降っていた。

HOOBASTANK

まずはスタンドでHOOBASTANKを観戦中の友達と合流。少しだけHOOBASTANKを観た。まあ、趣味じゃないけど、○○○*3よりはずっとイイんじゃないか。途中おばあちゃんが出てきた。ほのぼの。


ケータイがなかなか繋がらず苦労したものの先輩方とも無事合流。既に出来上がってた。。いきなり焼酎の容器渡されたし。(わ

DEFTONES

去年のOASISの状況*4を目の当たりにしてるからねえ。トリ前のアーティストをアリーナで観ないとトリのアーティストもアリーナで観られないんじゃないか。と思ってビビってたんだけど。先輩に言わせるとdeftones終わった後でも大丈夫だろってことなので、みんなでビール飲みながらスタンドで観戦。
1曲目から3曲目ぐらいまでは単独のときと一緒だったんじゃない? My Own Summerで始まって、次に4thの1曲目っていう、ね。先輩方もMy Own Summer懐かしがってた。そして、スクリーンに映し出されたChinoの顔はやはりパンパンで。場内の失笑を買ってたんじゃないかしら。しかし、まあ、単独のときはまったく姿が見えなかったAbeとFrankの姿が見られて良かった。全体的なセットリストとしてもやっぱり単独とそう大差なかったんじゃない? ビール飲みながらダベりながら観てたオレの言うことはまったく正確じゃないけど、でも多分、そう変化はなかったと思うよ。コレが聴けて嬉しかった!っていうのは特になく。でも、ビール飲みながら誰にも邪魔されず曲を楽しめたのは、それはそれで優雅で良かったかも。
deftones終盤に差し掛かってきてさすがに不安になってきたオレと先輩で説得してアリーナへの移動を決意。友達は残るって言うんで、荷物を見ててもらうことに。スタンド最上階からアリーナへ降りる。先輩方*5は完全に出来上がってるっていうか最終形というか。アリーナへの入場ゲートに着いたころはちょうど7 Wordsが演奏されてた。アリーナを闊歩しながら思いっきりSuck! Suck! Suck!って叫んどいた。

METALLICA

アリーナRブロック。スクリーンの正面あたりに陣取る。さあ、あとは王者METALLICAを待つのみだ。のはずやけど。さっきの焼酎の容器が2本も残ってたんで。Fuelだーとか言って3人で回し飲みすることに。ありゃりゃ。メタルしり取りしながら回し飲み、みたいな。IRON MAIDEN → NAILBOMB → BATHORY*6 みたいな。ありゃりゃ。しかし、凶悪的に濃いなミニ吾郎(わ)。酒飲めないオレにはなおさら。で。まず先輩が「やばい」と言ってフェイドアウト。ありゃりゃ。んで、オレはオレでトイレ行きたくなって。せめて1曲目まで我慢してBattery終わると同時にフェイドアウトしようかと思ったけど、どうにもこうにも我慢出来るようなレベルじゃなかったんで、あえなくリタイヤ。トイレ直行。ありゃありゃ。んで、用足した後アリーナに戻りたかったけど、さすがにもう入れなくなってるかなと諦めてスタンドの元の席に戻ったのだった*7。ありゃりゃ。待機してた友達と合流してMETALLICAの登場を待つ。当然定刻に登場なんてことはなく。そして19時が近づく。BGMがAC/DCに変わる。ステージの暗転。Ecstacy Of Goldが流れると。スタジアムは興奮の坩堝と化し。来る。METALLICAが登場する。
来る。Batteryが来る。そう思ってた。だが。聞こえてきたのは。あれ。違う。こ、このイントロはCreeping Death。終盤の定番をいきなりドアタマに。その瞬間アリーナはさぞかし大変なことになってたであろう。後から先輩に聞いたらやはり凄かったらしい。暴れまくったってさ。オレはといえば、スタンドでまったり観る人々のなかにあってあり得ないテンションで発狂した。そして、Fuel。飛ばす飛ばす。なんだ、このセットリスト。Wherever I May Roamでオレはまたトイレ行っちゃったけど、トイレから近い席なのですぐ復帰(わ)。そしてThe God That Failed。すげー珍しいぞ、この選曲は。超嬉しかった。さらにオレの大好きなFade To Black。うわー、凄いセットリストだ。MASTER OF PUPPETSなしでも、こんなにも凄いセットリストが組める。それだけ多くの名曲をMETALLICAは生み出してきたということだ。そして、とうとう、そのときがやってきた。スクリーンに映像が映し出される。何故か日本語に訳されたナレーションがかぶさってくる。「1986年、オレ達はコペンハーゲンのスタジオに向かった。云々。そして出来上がったのがMASTER OF PUPPETSだ。云々。」ってなカンジのナレーション。日本語に訳してくれなくても良かったかも。微妙にダサかったかも(わ)。そして、バックにMASTER OF PUPPETSのジャケットがデカデカと映し出された。来た。来たぞ。ここから完全再現が始まる。Battery自体には有難みはない(何回も聴いてるからね)けど、これから始まることの凄さを考えたら。興奮してきた。残ってた焼酎に口を付けながら、ひたすら首を振りまくった(と思う)。The Thing That Should Not Beで早くも休憩タイム。で、Welcome Home(Sanitarium)。僕はこの曲が大好きだ。Kirkが大好きだからな、オレは。そして、次は(自分にとって)最大の目玉であるDisposable Heroesですよ。もう一生聴けないという覚悟で首を振る。思い切り叫ぶ。超名曲である。最高だ。Leper Messiahでまたもちょっと休憩して。そいでクライマックスのOrion 〜 Damage Inc.ですよ。Damage Inc.始まったとき寝ちゃってた先輩を起こしてみたけどダメだったんで仕方なく自分は精一杯ヘドバン。死ぬほどヘドバン。METALLICAに並ぶ存在はいないな。自分のなかでは当たり前の事実だけど、改めてそれをかみ締めた。
MASTER OF PUPPETS全部やっても、まだまだMETALLICAには演る曲がある。Oneがある。Sad But Trueがある。Enter Sandmanがある。Enter Sandmanのとき、これはやっぱ起こさなきゃと思って先輩を起こしたらやっと起きてくれた。まあ、Enter Sandmanは眠らせる曲なんだけどね(わ)。アンコールのときは新曲も演ったんだよね。別にそのこと自体は嬉しいことではないけど。新曲の曲調がモロにMOTORHEADみたいだった。先輩達がサビのとこでわざとOverkillの歌詞をのっけて歌ってた(わ)。そしてフツーにのっかってた(わ)。Rick Rubinの起用が功を奏しているのではないかと勝手に想像してみた。つまんない曲をズバリつまんないと言ってのける人間の存在は重要だ。そして、オーラスはSeek And Destroy。1stからだったら他の曲が聴きたかったけどね、欲を言えば。しかし、泣いても笑ってもこれで最後なので、しっかりヘドバンしっかり絶叫。こうしてMETALLICAサマソニ史上最長のパフォーマンスは幕を閉じたのであった。しっかり花火も拝めて良かった(ウドーフェスではまったく拝めなかったからね)。


帰りはみんなで新木場でラーメン食べようと思ったけど、もう閉まってたのでそのまま帰りましたとさ。


で、2日目。前日と同じぐらいの時間に出発。この日は観たいアクトが友達とひとつもカブってないので終日単独行動。まあ、そんなもん慣れっこだ。デフォルト一人だからよ。PE'ZとYSIGが出るBEACH STAGEをとりあえず目指すわけだ。PE'Zの開演時間には間に合わなかったけど、半分は観れそうだった。で、BEACH STAGEへの入口付近。こ、混んでる。んー、嫌な予感。雑木林を抜け海岸へ辿り着くと予感的中ってカンジで。入場規制とは言わないまでも入場するのに並ばなきゃいけないカンジ。じゃあ、柵の外からでいいか、ってカンジで入場せずに音だけ聴いてたんだけど、そのうちマジ喉渇いてきちゃって。ドリンク買うために、やっぱり中へ。中に入ったら入ったで、やっぱりドリンク買うのも大行列。あー、嫌だ嫌だ。

PE'Z

こんだけの混雑ぶりの元凶はやはりPE'Zの人気そのものか。PAのテントみたいなとこの後ろにスペースが出来てたんで、そこで観た(聴いた)。すごく良かった。歌モノもあって、それもすごく良かった。もっとはじめから観ときゃよかったかなー。


PE'Z終了後はYSIGを観るため、このBEACH STAGEに残る。比較的空いてたカクテルコーナー*8クランベリー飲んだりして。まあ、BEACH CRUSADERS IS GOODっていうからには、やっぱ最初から合体バンドとして登場すんだろうなあー、とか考えながらね。

YOUR SONG IS GOOD

しかし、なかなか始まらない。進行遅れとんのかいな。そして散々待たされた挙句、登場したブラリアンが紹介したのはビークルそのものであった。なんだよ、それ。言わずもがな客はガンガン盛り上がってた。こっちは、この隙にメシでも食っとくかってことでベーグル*9食ったり。いやー、ますます嫌いになったね、このバンド。イェーイ。
6曲ぐらい演奏してビークルが一旦退場すると今度こそ我らがYSIGの出番である。空は思いっきり晴れてる。こんなシチュエーションでYSIG観られるなんて嬉しいなあ。実は自分はYSIG観るの2年ぶりだったりするけど、でも、バンドが登場して演奏が始まった瞬間にそんなブランクなんて吹っ飛んだ。最高すぎ。新しい曲とか知らないけど、そんなんカンケーない! ビークルのファンがドっと減って踊りやすくなった砂浜で最高の時を過ごさせてもらいました。「YSIGのTeeシャツ思いっきり余ってるらしいんで、よろしく」というサイトウさんの自虐ネタもキマってましたな。YSIGも同じく6曲ぐらいの持ち時間だった。もう最後までホント最高でしたね。昔の曲なんて2倍ぐらいの弾けっぷりで踊ったもんね。
YSIGの演奏が終わると彼らも一旦ハケてった。で、その後、合体バンドとして演奏をするらしい。オレは観たくないので、YSIG(including海と太陽)が提供してくれた最高の幸せ(a.k.a.夏の想ひ出)を胸にBEACH STAGEを後にした。


その後はメッセへ移動。マリンスタジアムは観たいもんがないので無視だな。そこのアーティストグッズ売り場を覗いたら、YSIGのグッズとビークルのグッズが同じ列で売られてて、そこだけ行列になってやがんの。行列なんて冗談じゃないんで諦めた。しっかし、メッセに着いてもヒマだったなあ。ARCTIC MONKEYSは入場規制で最後の3曲ぐらいしか聴けなかったし。しょうがねえから、PCコーナーでブログ更新したり、新設のK-SOUNDS STAGEで踊りまくったり。K-SOUNDS STAGEはイイね。手っ取り早く時間が潰せる。

DJ SHADOW

FORT MINORとかいうどうでもいいヤツが終わると、次はいよいよSHADOWの出番だ。3年半ぶり3度目。客入りはまあまあってとこかな。オレ的には嬉しいよ。悠々観られるからね。で、ほぼ定刻どおり(だったと思う)にSHADOWが登場。えーと、1曲目が何だったかは。忘れた。どのタイミングでどのあたりの曲を演ったか全然憶えてないのでセットリスト全体についての所感を言うと、まんべんなく1stからも2ndからも(今度出る)新作からも、ってカンジだった。2ndもホームリスニングにおいては1stという金字塔中の金字塔と比較されて勝ち目がないってカンジやけど。ライヴだったらね、踊れるもんは何でも歓迎ってカンジよね。実は前回観たとき*10はスタンディングのチケットが売り切れだったんで椅子アリのとこで観たのね。だから2ndの曲がこんなに楽しめた印象はないんだけど。今回は楽しめたよ、2ndの曲も。それから新作の曲の披露にあたってはゲストが召還された。1人目の刺客は名前知らないけど、かなり微妙なカンジ。ルックスも歌もかなり微妙なカンジ。オレ的には全然煮え切らなかった。そのすぐ後に2人目の刺客登場。名前知らないけどQUANNUMの一員らしい。この人は1曲だけじゃなく3曲ぐらいパフォームしていった。良かったよ。とても盛り上がった。しかし、まあ、客のウケはやっぱり1stとPREEMPTIVE STRIKEの曲がプレイされたときが一番イイのな。当然かもしんないけど。名曲だらけだね、SHADOWは。そいでもって終盤の盛り上がりぶりは凄かったぜ。UNKLEの曲まで飛び出したぜ。まずBADLY DRAWN BOYのアノ曲*11。最高だよね、思いっきりロックでしかも踊れて。そしてそこからThom YorkeのRabbit In Your Headlightsに繋ぐ。もちダンサブルに変貌してたが。バックには例のPVも映し出されてたよ。UNKLEやってくれるとは思わなかったなー。オレUNKLE大好きで超愛聴してた*12。そいでもってラストはWhat Does Your Soul Look Like。だったと思う(違うかも)。盛り上がった。大変素晴らしいショウだったぜ!

MASSIVE ATTACK

さあさあ、サマソニ06もいよいよ大詰め。あとはMASSIVE ATTACKだけですよ。3年半ぶり2回目。前回もSHADOWと彼らをセットで観たわけだ。前述のようにそのときはスタンディングではなく椅子アリのとこで観たので、MASSIVEをスタンディングで観るのは実は初なのだな。イェイ。
何故かMASSIVEだけはサマソニ公式サイトにセットリスト載ってるんで、それ見ながら書くね。でも、もしかしたら間違ってるかもしんないけど。で、割と静かにショウは始まった。暗いステージに順々にメンバーが登場して持ち場に着く。3Dが真ん中に陣取ったなってのはもちろんわかるんだけど、黒いDaddy Gはどこにいるのかわかりません(わ)。2曲目にRisingsonがきた。やっぱオレは3rdが大好きなので嬉しいね。音に関して言えば、もっと低音がドギツくてもよかったかも。もっと容赦なくガンガン殴られたかったかも(わ)。あと、これを語らないわけにはいかんな、電光スクリーンのライティングのこと。前回観たときは椅子アリのとこだったって言ったけど、角度も最悪だったのよ。だから真正面から見れたのはコレが初めてで。すごく綺麗だった。MASSIVEの世界観を表現してた。Hymn Of The Big Wheelでお目当てのHorace Andyが登場。やっぱイイねえ、レコードで聴くのもイイけどナマで聴くHorace Andyの歌声はイイねえ。声の調子は最高とはいえなかったかもしらんけど。ステージが終始暗かったのでHorace Andyがどんな出で立ちだったかはわからず。でも、きっと、ファンキーで素敵な格好をしてたんでしょうね。素敵なおじいちゃんだなあ*13。次はまた3rdの曲が続く。Teardropはやはり美しい。暗黒の耽美世界のなかにあって異質ともいえるほどの無垢な美しさだ。それからAngelでHorace Andyが再登場。圧倒的な演奏だった。ロックだ、オレのなかではロックだ。あと印象に残ったのは4thの1曲目のイントロが流れたとき客が結構沸いたこと。好きなの? オレは全然好きじゃないんだけどなー。ってなカンジで斜に構えて観てたんだけど。すいません、終盤に差し掛かるに従って考え方が変わりました。これはカッコイイですね。エンディングあたりは軽くぶっ飛びそうになりますた。そいでもってそこからラストへ向けては凄まじいキラーチューンの応酬でしたな。Safe From Harm、Inertia Creeps、Unfinished Sympathyの3連発でMASSIVEの底力を見せつけられましたな。あ、あと、客の動向について言うと時間が経つにつれ(マリンスタジアムに移動したいのか、あるいはホントにMASSIVEファンじゃないのか)どんどんいなくなっていくのね。だから終盤のこのころには随分広々とスペースが取れてとっても快適だったよ。思う存分踊れる。そいでもってオーラスはGroup Four。ってことになってるんだけど、そうだったっけ? すまん、マジで憶えてない。でも、そうだったような気もする(いい加減なライヴレポートだ/わ)。ラストは超強烈だった。完全持ってかれたよ。容赦ないビートの応酬に興奮が抑えきれなかった。ジワジワあんだけ時間かけて責めてきて最後の最後に容赦ないビート地獄ですよ。きっと、ああいうセックスするんでしょうね、あの人達は(わ)。
アンコールはあるかなーって思ったけど、なかった。まあ、割と遅い時間になってたしね、仕方ないのかな。ま、でも、ホント素晴らしいショウでした。


終演後は友達と合流して*14いつもどおり海浜幕張駅向こうのアジアンバーでちょこっと飲む。やっぱシンハーは美味いねえ。で、2日間全体の総括だが。やっぱ、ステージ数多すぎじゃねえかな。あと、MOUNTAIN STAGEはデカイままのほうが嬉しいな。BEACH STAGEはあんな人気者を出すんなら拡張したほうがいいんじゃないかな。入場規制っていう忌まわしき言葉を聞かなくなったら真に素晴らしいフェスだと思うです。以上建設的苦言(のつもり)でございました。

*1:少年って歳じゃねえだろう

*2:希望的かんそくー

*3:アナタの嫌いなバンド名をあてはめてネ!

*4:オレは観てないけどNINのときも同じぐらい超満だったらしい。

*5:うち1名だけど

*6:Yの後、何だったかは忘れた。まさかインギーじゃねえと思う。

*7:これは結果論だけど、その後でも全然アリーナ入れたみたいね。

*8:やはり売り子ちゃんの衣装がエロエロ。

*9:ビークルとベーグルを掛けてるわけでは断じてない

*10:@ ベイNKホール

*11:タイトル忘れた

*12:何故か新品LPを200円で買えてしまうという奇妙な体験をした。値札が間違ってたのかな。ホントは2000円だったのかな。

*13:妄想入ってます。(わ

*14:先輩は来なかったらしい