読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE POP GROUP @ LIQUIDROOM

LIQUIDROOM行くときはなぜか雨の日が多い印象。SOLD OUTになったこの日の公演。単独では初の来日ということで、そりゃそーか。直前に35年ぶり(!)の新作を出して直後の公演だったわけだが、オレは買いに行けてなくて未聴のまま向かえた当日。まあ、動画が公開されてる曲に関しては聴いたけどね。2階の物販コーナーを見たところ、目ぼしいものは特になく。2ndのアートワークのTeeシャツならもちろん欲しいのだけれど。


KK NULL

この日は前座が2組出演。ビールを受け取って、フロアに降りていくと、ちょうど1組目のKK NULLが出てくるところだった。すげー歓声が上がる。何事かと思ったら、Mark Stewartも一緒に出てきた。いきなりかよ。なんでも、この両者、コラボ作を制作中だそうで、だから一緒に出てきたのかな。でも、結局、パフォーマンスはなかったけどね。というわけで、KK NULLの演奏スタート。オレは初見。まあ、オレは一生かかってもノイズは理解できないだろうなあ。ってなことを思ったのであった。きっと、素晴らしいパフォーマンスだったんだと思うよ。オレにはわかんないけど。


普段のLIQUIDROOMはフロアの右側が段差になってて、そこからフロアに直接降りていくわけだけどね。この日はそこをカーテンで仕切っちゃっててウザウザ。客のイラつくところにクリマンの姿あり。


ZAZEN BOYS

2組目はZAZEN。なんと初見。向井ソロは10年ぐらい前に観た気がするけど。
いやー、クソカッコ良かった。歌詞のなかにもMilesの名前が登場するように、やっぱり『ON THE CORNER』なのかなあ。ホント最高だったので、あと30分長くても良かった。


まあ、つまり、前座2組は時間短めだったのね。そりゃ、まあ、ね、あのPOP GROUPの単独初来日ですもんね。オレが陣取ったのはフロアの左後方。んー、狭苦しい。


THE POP GROUP

さて、バンドが登場してライヴが始まる。1曲目は新作のタイトルトラックだ。1回聴いたら覚えるぐらいの超キャッチーな曲なので、持ってないオレでも問題なし。まあ、コーラスとかはレコードほど華やかじゃないけど。2曲目に「Thief Of Fire」。サマソニのときを思い出すわ。痺れたなあ、あのとき、この曲で。今回も最高だったけどねえ、いかんせん、周りが狭苦しくてね。そういえば、客層はかなり年齢層高めだったな。もっと、若い人の姿も混じるかと思ったけど、意外にそうでもなかったかな。んで、その人たちの鑑賞スタイルは、、、踊らないのか。。。 まあ、でも、オレの見える範囲内ではそうだったというだけで、前のほうは盛り上がってたみたいだわ。この後、数曲、そんなカンジのもどかしさが続いてたんだけどね。そしたら、奇跡的にスペースが開けてさ。ググっと観やすくなったわ。その後はもう踊りまくり。中盤あたりの「She Is Beyond Good And Evil」で踊り狂ったね。あと、スペースが開けたおかげで、Mark Stewart以外の姿も観やすくなった。ドラムを確認できたのが大きいな。素晴らしいビートを供給してたよ。そのおかげで、こんなに踊れるんだから。もう終盤に差し掛かったころの「Words Disobey Me」の凶暴なビートな。その直後は本編ラストとなる「We Are Time」。まあ、代表曲だし、ライヴのなかでも核と言い切っていい存在だよな。最高だったぜ。


このまま終わっちゃうと「Where There's A Will」を演らずじまいになっちゃうなと思ってたら、やっぱり戻ってきてくれてその「Where There's A Will」を演奏。『CABINET OF CURIOSITIES』で初めてこの曲に触れたオレにとっては2014年の新曲のようなもんなんだよ。大喜びで最後の激踊り。いやー、良かった良かった。


すごい楽しかった。もう今年のベストでいいかなとも思う。それぐらい演奏が凄かったとか、調子が良かったとか、衰えてなかったとか、そういう話ではなくてね。やっぱり、曲が最高だということ。本当に偉大なグループだ。

  1. Citizen Zombie
  2. Thief Of Fire
  3. Mad Truth
  4. We Are All Prostitutes
  5. Age Of Miracles
  6. Spanish Inquisition
  7. Shadow Child
  8. She Is Beyond Good And Evil
  9. Nowhere Girl
  10. Trap
  11. S.O.P.H.I.A.
  12. Words Disobey Me
  13. We Are Time

 encore

  1. Where There's A Will



P.S. 観客のなかにJAJOUKAのMatsuさんとex-JAJOUKAの捨蔵氏がいらしたよ。