SHIBUYA全感覚祭とKAPPUNK最終日

吉祥寺でのDream Violenceの後、一旦帰宅してから渋谷へ。吉祥寺から渋谷って井の頭線で直行できるコースなんだけど、オレは渋谷区在住なので一旦帰るっていうコース。わざわざ赤いTeeシャツ(INFESTの)に着替えた。
渋谷に着いたころにはGEZAN(一発目)の演奏が始まっちゃってる時間だったので、QUATTROではなくO-EASTに向かう。そしたら、もう長蛇の列が。んー、あれは無理だなあ。あれ並んで、結果的に入場することができたとしても、その後行く先々で入場規制の嵐になるのは容易に想像できるからなあ。オレのなかの全感覚を駆使して出した答えは「よっしゃ、これはスッパリ諦めて明日のKAPPUNKを朝イチから目一杯楽しもう!」だった。
オレがその結論を出した3~40分後ぐらいには、十三月によるtweetで「入場受付終了」の旨がアナウンスされた。早めに決断して良かったわ。
まあ、でも、参加したかったけどね。参加した人たちのtweetを見てるとホント羨ましくなっちゃう。来年こそは参加したいなあ。来年は今回無念の中止となった千葉会場で開催するのかな。今から楽しみにしとくよ。あと、GEZANの皆さん、十三月の皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、ホントーーーにお疲れ様でした。


ってわけで、ぐっすり寝てから、KAPPUNK最終日へ。こないだも書いたように、オレは初めてなんだよね、KAPPUNK。
ホント素晴らしいイベントだったわ。THE STALIN YとUK SUBSが観られなかった以外は、観たいと思ってたアクトすべて観ることができた。そして、全バンド素晴らしかった。


TERROR SQUADが超久しぶりだったんだよなあ、個人的には。10年近く観てなかった気がする。
あと、アレルギーも最高だったわ。今年の3月に人生で初めてアレルギー観たんだけどさ。小松さんがドラム叩いてるって知らなくて、ステージに現れたのが小松さんだったから超トクした気分になったの。今回のライヴも最高だったで。小松さんはCREAMのTeeシャツ着てはったな。Ginger Baker追悼の意味合いかな。そしたら、その後スラスラとDEATH SIDEのステージのとき、小松さんがフロアで観ておられて、そんなところも嬉しくなったよ。
実は谷さんのソロは初めて観た。すっげー感動したわあ。泣き笑い。いや、逆かな、笑い泣きかな。
そして、個人的な極め付きはやっぱり今回も鉄アレイだった。オレがいた位置からはカキさんがよく見えたの。最高のリズムセクションハードコアパンク観に行って、あのグルーヴを堪能できちゃう多幸感。最高中の最高や。


お土産にDVDまで頂いてきて、言うことなしのフェスですやんか。たとえ、日本の秋にLOUD PARKがなくたって、日本の秋にはKAPPUNKがある!(初参加のくせに言ってみた)

5B records presents 「Dream Violence Vol.42」 Look Up From The Valley @ 吉祥寺WARP

NOT WONKの飛行機の関係で30分遅れての開場となった。とりあえずSOLD OUTではなかったっぽい。今のNOT WONKの知名度と勢いを考えたら、ギュウギュウ詰めのなかで観なきゃいけない状況なのかと思ってたけど、結構快適に観られる環境で良かった。まあ、この後のSHIBUYA全感覚祭とEMOTIONAL RIOTにもNOT WONK出るわけだから、わざわざDream Violenceにまで来る人はDISCHARMING MANも好きという人ばかりなのかもね。


NOT WONKは去年のBAYCAMPのときに初めて観て衝撃を受けたのだけど。噂どおりの(それ以上の)素晴らしいバンドだなと。それから1年以上を経て2度目ましてのライヴだったのだが、1年前の衝撃軽く超えてきた。ドラム素晴らしすぎじゃないか。たっぷり1時間のステージだったけど、最初から最後まで最高に素晴らしかった。セットリストって、普通は最後にハイライトを持ってきて「最後の曲めっちゃカッコ良かった」ってカンジで締まるじゃんか。もう、中盤以降、全曲がその状態だったわ。

そんなNOT WONKの凄い演奏の後だったから、普通に考えたらDISCHARMING MAN惨敗してもおかしくはないんだけど。でも、素晴らしかったわ。1週間前に新ドラマーのみちかさんが加わって初の船出をしたばかりだそうで、東京では初お披露目だね。まあ、オレはホントにノッチさんのドラムが大好きだったから、1回観ただけで「DISCHARMING MAN史上最高を更新してきた!」ってことにはならないけど、でも、素晴らしいドラマーだと思ったよ。結局、スネアの音だよね。そこが好きなら、もう好きって断言していいと思う。うん、みちかさんのスネアの音、とっても良かった。
セットリストは「バス停2」で始まって、他にも『フォーク』からの選曲があったし、『歓喜のうた』からの選曲があったのも嬉しかった。新曲も演ってたけど、もしかしたら1年前にも聴いた曲かもしれない。早く次のアルバム聴きたいな。


東京にいると1年に1回しか観られないDISCHARMING MANのライヴ。一晩に2回も観られるなんて嬉しいなとこのときは思ってたんだけど。。。残念ながら。。。

SHIBUYA全感覚祭のタイムテーブルが発表に

きたな、タイムテーブル。本来昼夜かけてやるところを深夜に凝縮するわけだから、ギュっと絞られた特濃加減。
ってか、GEZANは3回演るの?!驚愕。DISCHARMING MANをはじめ北の3組は7th Floorに配置か。
じゃあ、こんなカンジで回るかな。


2330-2400 GEZAN <QUATTRO>

0045-0115 切腹ピストルズ <O-East

0130-0200 THE NOVEMBERS <DUO> 途中離脱

0150-0215 KID FRESINO <O-East> 途中離脱

0210-0240 Discharming man <7th Floor

0300-0330 the hatch <7th Floor

0340-0410 折坂悠太 <O-East> 途中から

0450-???? GEZAN <WWWX>


ちょっと心配なのは入場規制って起き得るのかどうかということ。どうなんだろう。7th Floorは問答無用の狭さだし、WWWXも広くないしね。まあ、入場できない時間帯があったとしても、それはそれ。その時々で自分なりのリベリオンを。






ってか、そうすると、「翌日のKAPPUNKどうするか」問題にぶち当たるな。全感覚を集中させた直後のハードコアパンク三昧。40代のオジサンにそれができるか。んーーー、自分のカラダと相談しますわ(KAPPUNKのチケットはまだ買ってない)。
まあ、朝から参加せず午後になってから悠々行くのもアリかな。ハッキリ言って2バンドか3バンド観たら元取れるぐらいでしょ。あんだけの超豪華メンツですもん。


追記:
切腹ピストルズの前にカネコアヤノ追加。カネコアヤノは先月BAYCAMPで初めて観た。めっちゃ良かった。
まあ、とにかく、いつどこが入場規制になってもおかしくはないですわな。

POISON IDEAの(最後の)来日

2年前には「再結成後の活動に終止符を打って解散する」ってニュースが駆け巡ってたわけだしね。だから、今回の来日決定の報せを聞いたときはそれなりに驚いたし、「この来日公演が本当に最後のライヴになる」と聞いて、そんなに重要な日を日本で迎えるのかいと思ったんだけどね。
どうやら嘘らしいよね、解散前ラストが日本ってのは。12月21日にSeattleでライヴあるみたいだから。


達郎さんのライヴ落選したら、追加公演のワンマンも観に行こうかなと思ってたんだけど。当選したので、その日は行けず。
オレは横浜公演を観に行くことにした。鉄アレイ観たいし。15年前の初来日のときも鉄アレイと共演したよなあ。


15年前にしても今回にしても、結局Jerry A.しかいないんだよなあ。Pig ChampionとThee Slayer Hippyもナマで拝みたかったぜ。

達郎さんのLINE CUBE SHIBUYA公演

サンプラザ公演が幻になってしまって初めて観られるはずだった達郎さんのライヴを観られなくなったって話を前に書いたけども。
8月分・9月分は見事に落選続きでねえ。あのとき当選したのはやっぱ結構な強運だったんだと思わされたわ。
その後、サンプラザ公演のチケット購入者を対象に追加公演の案内が届いて、当然応募したんだけども。そしたら、見事当選して。嬉しいわあ。観られるんだ。しかも、LINE CUBE SHIBUYA(新しくなった渋谷公会堂のこと)に行けるんだ。やったね。


ちなみに、Perfumeによるこけら落とし公演は当然のことながら落選でしたとさ。