DISCHARMING MANについて諸々

これはちょっと前の話になるけど、蛯名さん、よしこさんとご結婚されたそうで。おめでとうございます!


あと、ニュードラマーの件。決まって良かった。オレの知らない女性ドラマーの方だったけども、蛯名さんが選んだ方なら間違いないって思える。
オレはNaokiさんやノッチさんのドラムがめっちゃ好きで、そのお二方と一緒にやってきた蛯名さんが選んだのだから。好きなドラマーがひとり増えちゃうな、ぐらいのこころもち。ライヴを観るのが楽しみだぜよ。


んで、次回の関東でのライヴ。日程だけは10/12と10/13ってことで、蛯名からアナウンスされてたけど、10/12のほうはGEZAN主催の全感覚祭なんだね。
場所は印西市か。遠いな。でも、行きますよ。行きますとも。まあ、タイムテーブルの関係で全部観られるわけではないんだろうけど、DISCHARMING MAN以外にはKID FRESINOと折坂悠太が観たいかな。
というか、GEZAN自体観たことないんだよね、オレは。とりあえず、明日『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』を観てくるわ。楽しみ。

結局サマソニはホントに行かないことになりそう

サマソニ行かないとしたら15年ぶりのことだわ。その行かなかった2004年のことは本当に後悔してる。ヘッドライナーBEASTIESだよ?もう一生観られないんだよ?悔やんでも悔やみきれん。。。
一方で、今年行かないことを将来後悔するかというと、、、うーん、しなそうだなあ。


ホントに去年のラインナップすっごく良かったと思うよ。オレなんて喜び勇んで初めてホテルまで予約しちゃって、SONICMANIAも含めた3日間フルで満喫したからね。自分のなかでの去年と今年の差が著しい。
でも、クリマン清水代表のインタビューも読んだけどさ。あんなに素晴らしい去年のチケットは売れ行きが伸び悩んだと言っていて、一方、今年は売れ行き絶好調だそうで。そんなにも、世間のニーズと自分のニーズってズレてるのかと愕然とする。オレはリスナーとしての自分をマニアックだと1mmも思ってないからさ。むしろ、王道リスナーだと思ってるからさ。でも、あれだけの規模になると王道のなかの王道じゃなきゃってことなのかね。


でも、8/17に関しては、今年の「CHELSEAの日」のラインナップが発表になったんだよ。

  • SxOxB
  • 鉄アレイ
  • RAPES
  • SYSTEMATIC DEATH
  • THE CONTINENTAL KIDS
  • DEATH SIDE

すんげー豪華メンツ。サマソニ3日間のラインナップよりもこっちのほうが豪華だと断言したいぜ。絶対行く。
これはIshiyaさんが記事に書いておられたことだけども。現在の再結成DEATH SIDEにも活動の期限というものはあるそうで。東京に住んでるオレだって、あと何回観られるかわかんないってことだよな。だからこそ、一回一回のライヴを大切に考えないとね。

KUSO

去年の日本公開時には敢えてスルーしたFlyloの映画『KUSO』が再上映だというので観てきた。まあ、「スルーした」というより「ビビって観に行かなかった」というほうが正確なのだが。怖いもの見たさってのがない人間なんだよね、オレって。怖いものは見たくないっていう思想の持ち主。でも、こないだ借りて読んだ別冊ele-kingを信じる限り「いうほどグロくはない」ってことだったし、それに新作『FLAMAGRA』には『KUSO』の使用音源も含まれていると聞いて、これは観に行くべきかもと思った次第。


で、実際観たところ確かに「いうほどグロくは」なかった。オレが観た上映回では途中退出する人は1組しかいなかったよ(まあ、そもそも20人もいないぐらいだったけど)。
でも、まあ、実際には内容を半分も理解できなかったけどね。w なんだろうね、個人的には実写版の触手モノAVなんかを思い起こしたけどね。そんななか、御大George Clintonの出演パートだけは驚くほどマトモで、意味も理解できたし楽しめちゃったわ。御大の笑顔がキュートで笑っちゃったよ。w






さて、9月の来日公演どうするかね。
去年のSONICMANIAはFlyloが一番のお目当てだった。だって、オレFlylo観たことなかったし。マイブラとの裏かぶりを恨めしく思いつつもFlyloの出演ステージに向かったんだよなあ。そして、フルで鑑賞した3Dライヴは「うーん、よくわからん」だったのよね、オレにとっては。こちとらオジサンなので、新しいアート表現を咀嚼するのに時間を要するのだな。
ってわけで、9月の来日公演行くかどうか迷い中。どうすっかな(迷ってるうちにSOLD OUTってこともあり得るかもね)。

el tempo directed by KAVKA SHISHIDO & SANTIAGO VAZQUEZ @ 恵比寿ザ・ガーデンルーム

去年観に行って最高だったel tempoの第2回目公演を観てきたで。今回の会場はガーデンルーム。まあ、品川よりは近くていいかな。ってか、会場内は柱がないので良かった。去年はうたこす(赤い公園)目当てで行ったのに、死角になっちゃって一目も見えなかったからね。今回はバッチリうたこすの姿も拝めた。小さめのふんわりお団子超可愛かったわ。ってか、メンバー全員、Y-3かヨウジヤマモト着てた。衣装協力のところにY-3ってクレジットされてるね。


タイトルのところにはお名前があるが、今回は師匠のSANTIAGOさんの登壇はなし。カフカ独り立ちといったところか。でも、途中で、何名かのメンバーがカフカの代わりにコンダクターを務める場面も。人によってビートの構築の仕方、展開の付け方が違っていて実に面白い。アンコール含めて100分ぐらい演ったかな。踊りまくれて大満足だったわ。


実は第3回目の公演も決まっているそうで。10月に高崎で開催だとか。高崎と聞いて「高輪」か「大崎」の間違いでは?と思ったのだが、本当に高崎だそうで。カフカ様曰く「ここから電車で90分ぐらいだって。来れるっしょ!」とのこと。んーーー、オレはパスかな。。。


前回は終演直後のフロアで米咲&ひかりを目撃したわけだが、今回はひかりのみ目撃した。めっちゃ可愛かったわ。

Raphael Saadiqの新曲が!

新曲が解禁になった。嬉しい。8月にアルバムリリースだそうで。こりゃ楽しみだわ。



Raphael Saadiq - Something Keeps Calling (Official Audio) ft. Rob Bacon


また来日してほしいなあ。最高だった来日公演からもう10年経っちゃったな。MJの逝去直後のことで、アンコールで「I Want You Back」演ったもんな。
SOUL CAMP絡みで来日公演どうでっしゃろ???