2017年総括 その3

<Live Performance>

1."CELEBRATING DAVID BOWIE JAPAN" @ TOKYO DOME CITY HALL 2/2
2.ERYKAH BADUBillboard LIVE TOKYO 10/12
3.TORTOISE横浜赤レンガ倉庫 5/21
4.RH FACTOR @ Blue Note Tokyo 9/27
5.CORRINE BAILEY RAE @ 赤坂BLITZ 4/11
次点:ERIC BENETINFEST赤い公園GAUZEDREAM THEATER、BRUJERIA、INTEGRITY、WONK、MASSIVE ATTACK、SLANG、DJ SHADOW


1位にはこれを挙げるしかない。Bowieのトリビュート公演。出来がどうだったかとか、出演者がどうだったかとかはそんなに関係ない。思い入れってヤツだな。個人的ハイライトはAdrian Belewによる「Life On Mars?」かな。
Erykah様の単独公演は4万2000円という完全に一線を超えた値段設定。しかし、思えばErykah様は20年も前から二線も三線も超えてきたオンナなのだ。実際、ライヴの中身も金かかってたよねえ。そして、それ以上に重要なのは本人の仕上がり。今回最高だったねえ。また観たいけど、次も4万円払えるぐらいの体力が私に残ってるかしら。w
TORTOISEは予備知識ゼロの状態で観たんだけどね。サイコーだったわ。Greenroom Festivalの大トリだったのにガラガラだったな。でも、おかげですごく観やすかったわ。また観たいぜ。
今年すげーショックだったことのひとつはBLUE NOTE JAZZ FESTIVALの開催中止だわな。Kamasi Washington観たかったなあ。Chris Daveも観たかったなあ。オレは元々1日しか参戦しないつもりだったので、RH FACTORは最初から単独のチケット取っておいたんだけどね。そしたら、あんなことになっちゃったので、RH FACTORの公演はいやが上にも期待大だったのだ。オレは観るの初めてだったんだけどね。素晴らしい内容だったわ。Roy Hargrove自身はちょくちょく来日してるイメージだけど、RH FACTORは貴重なのかなあ。是非また観たいけどね。
Corrine Bailey Raeのライヴの素晴らしさは予想外だったなあ。オレは初見だったんで楽しみにはしてたんだけど、失礼ながらこんなに素晴らしいパフォーマンスをする人だとは思ってなかった。そして、その美貌は予想どおり、いや、それ以上であった。
今回は次点がたっくさんあるよ。5位以内に入れられなかったのが信じられないぐらい素晴らしいパフォーマンスばかりだったな。東京公演がSOLD OUTになっちゃってわざわざ大阪まで観に行ったINFESTとか。遂に5年ぶりに観ることができたGAUZEとか。INFESTと同じぐらい奇跡の来日と言ってよさそうなBRUJERIAとか。ちーちゃん完全燃焼の赤い公園とか。まあ、ライヴ観まくって充実した一年だったってことなのかな。

2017年総括 その2

<Films>

1.ブラック・サバス ジ・エンド
2.ベイビー・ドライバー
3.SING/シング


結局BLACK SABBATHは再来日を果たしてくれないまま解散してしまった。だから、この映像作品で悔しさを晴らすしかないのだ。セットリストに関しては、概ね来日してくれたときと大差がないように思える。オレは席ではなくスタンディングエリアで観たので、フツーにライヴ観るかのごとくヘドバンしまくりで観たわ。ボーナス映像の「The Wizard」もサイコーだったね。
基本的に音楽に関する映画しか観ないオレだけど、この『ベイビー・ドライバー』って作品は音楽と関わりが深い作品だと聞いたので。オレの大好きなQUEEN「Brighton Rock」が物語のクライマックスで使われてたね。すごく面白かったよ。
最後に『SING/シング』を。オリジナルのほうと吹き替え版と観に行ったけど、後者だってMISIAがいるから決して負けてない。まあ、ストーリーなんてあってないようなもんだけどね。




ブラック・サバス/ジ・エンド~伝説のラスト・ショウ(CD付) [Blu-ray]

ブラック・サバス/ジ・エンド~伝説のラスト・ショウ(CD付) [Blu-ray]

2017年総括 その1

<お笑い>

1.東京03第19回単独公演「自己泥酔」 @ ザ・ガーデンホール 9/23
2.さらば青春の光企画「まっさら」 @ ユーロスペース 8/18
3.タイムマシーン3号単独ライブ2017~米~ @ 新宿明治安田生命ホール 5/20
4.磁石単独ライブ「cherry」 @ 新宿明治安田生命ホール 4/22
5.ナイツ独演会「味のない氷だった」 @ 横浜にぎわい座 芸能ホール
次点:トータルテンボス、ハグきっす


今回からお笑い部門をつくろうかなと思って。とりあえず、単独ライヴを対象に選んでみた。東京03は単独じゃなければ何回か観たことあるけど、単独は初だな。すべてのネタが面白いという満塁ホームランの出来栄えだったな。本当に凄い。オレが観に行った回はバカリズムがゲストだった。4人でのネタも面白かったね。
さらば青春の光も単独は初。こちらも全ネタ面白かったなあ。キングオブコントは彼らが優勝すべきと思ってたんだけど。個人的には、不登校の生徒と熱血教師のネタが『居酒屋』に並ぶほどの名作だと思ったので、その2本でキングオブコントを制してほしかったけども。まあ、でも、賞レースがすべてじゃないよな。チケット買ってライヴを観に行く。そこにこそ最上級の笑いがある。ちなみに、この日のゲストはザ・ギースとラブレターズで、彼らのネタも含めて最高だった。
タイムマシーン3号も単独初めて観たんだよなあ。えげつないほどの才能の持ち主だよね。全ネタ面白かったし、才能のある者同士のコンビじゃないと、あんなに上手くいかない。
毎回安定感抜群の磁石は今回も抜かりなく。会場の新宿明治安田生命ホールはクローズになっちゃったけど、これからの単独ライヴはどこでやるだろ??
そして、ナイツも単独で観るのは初。チケット入手困難だもんなあ。まあ、東京公演のチケットは手に入らなかったので横浜まで足を運んだわけだが。会場の客層の老若男女ぶりに驚かされたね。マジで親子3代で観に来てる人たちいたからね。全世代を相手にできちゃうナイツの対応力、すごいわあ。神がかってる。この日のゲストはパーパーとどぶろっくだったけど、どぶろっくのワカメ酒の歌がすごすぎて。親子3代で観に来てる人たちのいる前でそれ歌っちゃうっていう。素敵。


次点に挙げたハグきっすは片割れがオレの元同僚なのよ。相方が田舎に帰っちゃうということで、その日が解散ライヴだったみたい。テレビじゃできないネタ満載で面白かったぜ。




磁石単独ライブ「Cherry」DVD

磁石単独ライブ「Cherry」DVD

ナイツ独演会 味のない氷だった [DVD]

ナイツ独演会 味のない氷だった [DVD]

『恵比寿マスカッツ横丁!』終わる

最近ショックだったことのふたつめ。『恵比寿マスカッツ横丁!』終了。どうせまた番組リニューアルでしょと思ったら、ホントに終わってやんの。この番組が復活以降クソつまんかったことは紛れもない事実だけど、直近のリニューアルでOGの3人も出るようになって少しずつ良くなっていくのかなと思ってた矢先の出来事だった。
まあ、AbemaTVのほう続くんだろうけど、あれは別種だろうなあ。同じ笑いを作り出していくものじゃない。

で、久々にライヴ観に行ったんだけどね。まあ、かなり満足度低かったね。これは本格的に疎遠になっていくかもなあ、オレは。

BREAKFAST解散

最近ショックだったことのひとつめ。BREAKFAST解散。オレのなかの時系列を記すと以下のとおり。

今年カセットテープ音源をリリースしていたことを知る。

買わなきゃと思って下北の45REVOLUTIONさんに行ったら「セカンドプレスも売り切れ」と言われる。ついでにSSDのパッチを買う。

その足でJET SETさんに行ったら売り切れだったけど、京都の本店には4本残ってるので取り寄せできると言われる。店員さんがチーターズマニアの人だった。

取り寄せをお願いして1週間後に無事ゲット。

中を見てビックリ。陽さんの名前がない。いつ脱退したの?!
代わりにクレジットされてる女性ドラマーの方はONINKO!の方だそうで、じゃあ、昔、突然ダンボールのライヴを観たときに観てるかな。

で、肝心の音は。カッコイイねえ。『THE DAY AFTER BREAKFAST』の曲より、その後のスプリット7"の曲より、今作の曲のほうがカッコイイんじゃないかと個人的には思った。

だからこそ、近いうちにまたライヴ観たいという気持ちが高まっていた。

その矢先タイムライン上に現れた「BREAKFASTは本日をもって解散いたします」の報せ。
この間わずか2週間足らずの出来事。

ショックがデカいなあ。オレは合計で20~30回ほどBREAKFASTのライヴを観たけど、近年はめっきり観る機会が減ってたからなあ。最後に観たのは多分METEO NIGHT 2014の時かなあ。
これから解散しますっていう予告ならアクションの取りようがあるけど、事後報告じゃ何もできない。噂されてるように、解散の原因は森本さんの健康に関することなのかな??だとしたら超心配だ。

冷静に振り返ってみると、最高傑作は『眩暈』LPかなあ。こないだ久々に針を落としたけど名曲のオンパレードだもんなあ。酒井さん・岡さんご両名の作曲能力・作曲センスは日本ハードコア史上に名を残す素晴らしいものだったよ。
スタジオオリジナルアルバムだけじゃなく、ライヴ盤まで含めて言うなら『BREAK ME FAST VOL.14』だよなあ。これは凄い。

BREAKFAST。とにかくサイコーのバンドでした。本当にお疲れ様でした。これからも投票日にはBREAKFASTのTeeシャツ着て足を運ぼう。
無駄足じゃないぜ唯一のチャンスだ!